無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

-



「「ただいま~」」



👩🐹 「「おかえりー」」



「疲れたー」



🐭 「何が」



「なんでもなーい」



🐭 「…((引きぎみ」



待って待って오빠がうちのこと引くんだが



なぜ



「なんで引いてんの」



🐭 「鏡見てこい」



不思議におもいながら鏡を見てみると



「おっおう」



完全に頬が緩んで



めっちくちゃにやけてるあなたがいましたとさ



「めっちゃにやけてる((」



🐭 「それは引くだろ?」



「確かにね」



🐭 「付き合えたの?」



「오빠はエスパーかなにかですか?」



🐭 「違います」



「じゃなんで分かるんですか」



🐭 「好きだから



「え?」



🐭 「오빠だからだよばーか」



오빠はおでこにデコピンをしてきた



「いっっった!」



「ねぇ!デコピン2回目だよ!?酷くない!?」



🐭 「酷くない」



「あなた泣いちゃう」



🐭 「どーぞ」



「오빠酷い」



🐭 「はいはい」



🐭 「もうご飯の時間だから泣き止んでくださいね」((幼稚園の先生風



「めっちゃ馬鹿にしてるでしょ」



🐭 「…」



「오빠ひど」



🐭 「はいはい」



🐹 「2人静かに折角のご飯が台無しだよ」



「「ごめんなさーい」」



🐹 「じゃあ」



🐹 「おててのしわとしわを合わせてs…」



「「「いただきまーす」」」



「美味しい😋」



👩 「久しぶりにきちんと作ったのよ」



おんまよ



久しぶりとは



まぁそんなこんなで



1日を終えましたとよ((え



そういえばじみん君が朝怒ってた理由を聞きそびれたので



朝聞こうと思います



ではおやすみなさい