無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

-15



「下駄箱で待ってるね!!!」



🐥 「うん!!」



これ、夢かな…



ほっぺ引っ張ってみよ



「痛っ」



夢じゃない。



どうしよう嬉しすぎて…



にやけ止まらない





下駄箱



じみん君来るの待たなきゃ



そうおもってスマホを出す



けど



「あれ?スマホがない」



「最悪。教室かな」



「じみん君とすれ違ったらどうしよ」



「ダッシュで戻ろ」



私はダッシュで階段を駆け上がって



廊下をダッシュして



教室に戻った



教室









ねぇどうして
















貴方はまた



"泣いてるの…"