無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

-9



🍑 「あなたやー」



🍑 「全然来ないから心配した」



「みあねみあね」



「오빠に起こされても起きれなかった」



🍑 「寝坊か」



「いえす」



🍑 「でも良かったねぱくじみんと一緒で」



😶 「え、あのぱくじみんと一緒で嬉しいの?笑」



「なに、お前」



🍑 「あなた口悪くなってる」



「あっ」



😶 「なになに笑」



「じみん君の悪口とか聞きたくない」



「やめて」



😶 「偽善者きどり?」



「そうかもね笑」



😶 「きしょ」



「きしょくてけっこうこけこっこー」



😶 「だっるっ」



「うちあんたに好かれたくて生きてないんで」



「さようならー」



「モモいこ」



🍑 「おうけい」



「あぁ~もうマジでだるい」



「あーゆーヤツら全員つぶしたい」



🍑 「体育3のあなたに倒せるの?」



「今体育関係ないし😗」



🍑 「笑」



なんてモモと廊下で話してたら



後ろから



🐥 「あの!」



ってカッコよくてかわいい



じみん君の登場です




──────




だれかぁぁぁぁぁぁぁ




宣伝してください🙇‍♀️🙏



お願いします( ˙ᵕ˙ 🙏🏼)