無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

-



~授業中~



最近ジミン君の笑顔見れるようになって



とても嬉しいあなたです



放課後にジミン君からお話を聞きます



モモに嫌いとかじゃないって言われたので



多分大丈夫なはず……です



放課後が待ち遠しいですね



🔨 「あなた残りたいのか」



「え?」



🍑 「今当てられてたよ」((小声



「あ,まぢ?」((小声



🍑 「どんま」((小声



「答えは?」((小声



🍑 「うちがわかると思う?」((小声



「ごめん聞いたあなたがバカだった」((小声



🍑 「😇😇😇」



そうやって小声で話してたら



横の方からなんか手振られて見てみたら



ジミン君がノートに答え大きく書いてくれてたよって



嬉しすぎかなって



「x²yです」



🔨 「正解」



「へっ」



🍑 「さすがパクジミン」((小声



「一発殴ろうか😇」((小声



🍑 「😇😇😇」