無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

-



🍑 「あなた~今日はかれぴ迎えに来るから1人で帰ってね♡」



「幸せそうで何より」



🐥 「モモさんってカレシいるんですか?」



🍑 「いるよ~」



「年上のね」



🐥 「えぇすごいです」



🍑 「あはは、ありがとっ」



「じみん君モモにも敬語なの?」



🐥 「なんか、敬語になっちゃいます…笑」



🍑 「敬語じゃないほうがいい!」



🐥 「いんですか?」



🍑 「もちろんろん」



🐥 「じゃあ…」



「☁じみん君の好きな人って…」



🔨 「そこ3人いつまでも喋ってるんだ☺」



「えっと…いつまでも?笑」



🔨 「そろそろ殴るぞ☺」



「ごめんなさーい」



🍑🐥 「すみませんでしたー」



🔨 「集中しろよ」



「はーい」



授業終了



🍑 「じゃっでーとしてくるねっ♡」



「幸せそうで何より,笑」



🐥 「そうだね,‪笑」



「うちらも帰ろ?」



🐥 「その前に話してもいいかな…?」



「…あぁ!うんっ!」



本当は嫌だった



だってなんかじみん君の好きな人って



モモな気がして



今それを伝えられる気がして



嫌だった



だけどそんなの断れるわけもなくて、



「何の話してたの?」



🐥 「僕ね、」



「うん」



🐥 「好きな人がいるの」



ほらね?



「おぉ頑張って!」



笑えてるかな



🐥 「その人に想いを伝えなきゃいけないんだ」



「うん」



🐥 「だから伝えたいと思う」



「今から追いかけるの?」



🐥 「え?誰を?」



「え、」



🐥 「☁ここまできてわかってないの?笑」



🐥 「鈍感すぎ,笑」



「モモが?」



🐥 「モモさん?笑」



「モモじゃないの!?」



🐥 「違うよ,笑」



🐥 「僕の好きな人はね」



🐥 「優しくて、笑顔が素敵で、友達想いで、だけど少し勉強は苦手な子」



「まったく分からないんだけど…」



🐥 「あなただよ」



「お?」



🐥 「あなたさん、」



🐥 「僕と付き合ってくれませんか?」