無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

-


🍑 「あなた解決したよ」



「え,本当に!?」



🍑 「いぇす」



🍑 「ねパクジミン」



🐥 「はい」



「何だったの???」



🐥 「放課後に話していい?」



「うん!」



🐥 「じゃあ教室で待ってて」



「分かった」



何の話だろう



深刻そうだよね



やっぱり嫌われたのかな



ウザかったのかな



はっきり言われるのかな



はぁ…そっかそうだったんだ…



🍑 「あなた勝手に変な妄想しないでね」



「え?」



🍑 「あなた嫌われたとか思ってそうだったからさ」



「ええええ」



「モモエスパーか何かですか( ˙-˙ )」



🍑 「全然違うます( ˙-˙ )」



「あ,親友だからですか( ˙-˙ )」



🍑 「そうですね( ˙-˙ )」



🐥 「その顔きついよ,笑笑」




え,その顔の方がきついって…/////



「…ッ////」



🍑 「笑笑」



🐥 「あなたさん顔真っ赤だけどどうして?」



「無自覚かぁぁぁぁ」



🐥 「????」



まぁそんなとこも好きです((え



🍑 「ほらほらそんなことしてないで早く座ろ」



🍑 「チャイムなるよ」



「わっ大変」



🐥 「じゃ放課後」



「同じクラスだけどね,笑笑」



🐥 「笑笑」