無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

148
2021/07/28

第4話

零話 弐
うゔぅ…………頭が痛い………
(なまえ)
あなた
パチッ
あれ、昨日ここで寝てたっけ?
う〜ん………昨日の記憶がすっぽり抜けてる…
(なまえ)
あなた
悠に電話しよ
……………んん?
誰に電話しようとしてんだ?


悠???誰だよそいつ
(なまえ)
あなた
もしかしたら、携帯になんかあるかも………携帯…どこだ……
(なまえ)
あなた
あ、あった………悠は……え?
なに、これ


メモとかに、住所やら名前やら殺し方があるんだが……
(なまえ)
あなた
………あ、そっか。マフィアだった
俺、何てこと忘れてたんだろう
そりゃあ、悠は殺し屋仲間だから連絡するじゃん
(なまえ)
あなた
…あれ?待って待って。何で俺って言ってるの?
女じゃん。私なはずなのに
考えれば考えるほど、思い出せば思い出すほど可笑しくなっていってる
(なまえ)
あなた
何で……俺、マフィアになったの?
突然、腕が痒くなったので掻きむしった
(なまえ)
あなた
イッ………リ、スカ?
何で、こんなことしてるの
どんどん、俺の大切な"何か"が消えていく
(なまえ)
あなた
俺は、今何歳なの?
(なまえ)
あなた
親は誰?
(なまえ)
あなた
何で、目覚めたとき、死にたいと思ったの?
混乱する中で、1つだけ覚えてること


夢の中か、昨日のことかは分からないけど、薄れていく意識の中で、誰かが教えてくれたこと
誰の事かは分からないけど、しなきゃずっと後悔しそう
ずっと辛く苦しい思いをするだろう









………死ねないだろう










(なまえ)
あなた
………すとぷりを、殺らなきゃ