無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

CHAPTER 10 ☀︎
たくやに、今まであったこと。
先生のことが好きだということを伝えた。
たくや
たくや
そっかー・・・
たくや
たくや
で、あなたはどうしたいの?
あなた
あなた
へ?
たくや
たくや
そんなの深く考えなくていいんだよ。
たくや
たくや
あなたが思うままにすればいい。
たくや
たくや
お前が鈴木のことを好きだなんて、そんなことずっと前から知ってる。
たくや
たくや
僕、お前と何年一緒にいると思ってるの?
あなた
あなた
た、たくやぁぁぁ(´°̥̥̥ω°̥̥̥`)
たくや
たくや
おいおいおいおい泣くなって。
たくや
たくや
んだよもう。めんどくせぇなぁ
そう言ってたくやは、私の頭を優しく撫でてくれて。
あなた
あなた
た、たくや・・・?
たくや
たくや
//////////////////
たくや
たくや
ほら、早く鈴木のとこ行け!
あなた
あなた
え・・・?
たくや
たくや
お前、自分がどうすればいいのか分かってないの?
あなた
あなた
わ、分かってるよ!
たくや
たくや
なら早く鈴木のとこ行け!
あなた
あなた
う、うん!たくやありがと!
たくや
たくや
おう!//////

















次回、たくやside

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごみるく🍓🥛
いちごみるく🍓🥛
#RADWIMPS #ACE COLLECTION #なーくん #しゆんくん #あっとくん #山﨑賢人
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る