無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

CHAPTER 5 ☀︎
〘先生side〙
あいつは、あいつは、入学してから、何かと俺の中に入り込んでくる。
俺は、あいつのことを何回も「かわいい」とおもったことがある。
それは先生としてダメなことなのか?
俺もよくわからない。
授業中に寝てみたり、そのくせ漢字テストは満点とってみたり、でも単元テストは20点だったり、連絡先を交換したら急に恋愛相談。
あいつは多分変な奴だ。
でも、どうしても嫌いになれない。
むしろ、好意を抱いてしまっている。
このままだと、何かしてしまうかもしれない。
それだけは避けたい。
あいつのことを・・・好きになってしまうとは。
この歳になって、初恋のような気分に晒された。
でもいいかもしれない。
もし、もしあいつが俺に好意を抱いてくれているのなら
それは・・・
決めつけは良くない。
まだそういうことは考えないようにしたい。
でも・・・あいつの好きな人のヒント。
薄々気づいていた。
俺にぴったりと当てはまる。
はぁ・・・
ほんとに俺なのかはわからない。
ただ、少し、少しくらい。



























































































希望を持ってもいいか?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごみるく🍓🥛
いちごみるく🍓🥛
#RADWIMPS #ACE COLLECTION #なーくん #しゆんくん #あっとくん #山﨑賢人
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る