無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

CHAPTER 6 ☀︎
(あなたsideに戻りますす)
幸せ。
先生と“LINE”している時が。
先生と“話している”時が。
先生の“授業”、“声”を聞いている時が。
先生が“黒板に字を書いている”時が。
先生の“笑顔を見ている”時が。
先生を“大好き”って思う時が・・・
とっても幸せ。
















































先生、大好き。
初めは、こんな人好きになるなんて思っていなかった。
全然自分の理想と合わない。
最初の方は、むしろ、苦手な方だった。
特に好きになるきっかけがあったわけでもない。
なのに、いつの間にか・・・
目で追うようになっていた。
気づいたら、“大好き”の気持ちが自分の心から溢れ出ていた。
いつか、自分の気持ちを伝えたい。
でも、まだ、“先生と生徒”、っていう関係上
自分の気持ちを伝えたところで
「ごめん」
「ありがとう」
どちらかの返事になるに決まっている。
そんな無駄なことはしたくない。
それなら・・・
大人になって
先生にふさわしい人になって
「あの頃から好きだった。今も好き。」
そんな言葉を言って
幸せになりたい。
これが私の今の夢。
そのために、
今を一生懸命に生きる。
勉強だって
部活だって
習い事だって
どんな些細なことでも
一生懸命に努力する。
結果はちゃんとかえってくるからね。
だから待っててね。
先生。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごみるく🍓🥛
いちごみるく🍓🥛
#RADWIMPS #ACE COLLECTION #なーくん #しゆんくん #あっとくん #山﨑賢人
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る