無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🦋
プリントが分からなすぎて図書室で調べながら勉強することにした。










(カリカリカリカリ)










やば、ここまで解けた、私天才。










)誰かいるのかー、?










千)いまーす










)えっ、伊藤さん、どうしたの珍しい










千)うわぁ!にっしい!!!運命!










西)なにしてんの?










千)勉強分からなすぎます、プリント最悪、泣










西)教えたげる










千)え!やったあ!










西)んーとここはね、、、










先生が隣に来て教えてくれる。










距離が近すぎて心臓ドックドク










西)おーい、聞いてる?笑










千)えっあっはい










西)顔真っ赤だぞ?(ニヤッ)

そんなに俺のこと好きなんだー、










千)え、うん。










西)ッ…//










千)あ、にっしー照れた










お互い顔真っ赤、笑笑










にっしーももしかしたら、少しは、なんて思っちゃったよね、










千)ねえにっしー。










西)なんだよッ…










千)んふふ、すき










西)はぁ!?…//










千)えへへ//










いつもより思いが伝わったかな、♡










_____________________





イチャイチャしてますにしちあさん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み る く 🍼
み る く 🍼
aスト書いてます (☀︎)僕に無いもの
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る