無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
35
2021/08/12

第4話

「전정국潰す」
JM『あなたヤ、一旦落ち着いて』
「何がうさぎだこの野郎ファンのこと騙しやがって」
JM『あなたヤ…』
「ジミンちゃん先輩は癒しです大好きです」
JM『おぅ…』
「なんであんなやつが私の幼馴染なんだろう…」
JM『そういう運命だったんだよしょうがない。』
「ジミンちゃん先輩〜〜〜(泣)」
JK『ストップ離れてくださいバカが移りますよ』
「誰がバカだって??お??」
SG『ジョングガ、男の嫉妬は醜いぞ』
JK『嫉妬ですって?シュガヒョン、表出ます?』
SG『ウリマンネが怖いわ…』
TH『あなたヤ〜〜♡』
「テヒョン先輩〜!!」
TH『なんかジョングギ怖いんだけど』
「知りませんほっといてください」
JM『テヒョナ、いつの間に笑笑笑』
「テヒョン先輩、ジミンちゃん先輩。周りの女子からの視線が怖いことに気付きました。」
TH「そう?みんな〜、この子に酷いことしたら分かってるよね〜」
モブ『はぁい♡』
TH『だから大丈夫!』
「本当に4次元笑」
JK『テヒョンイヒョン、俺がどうにかするんで大丈夫ですお引き取り下さい』
TH『本当に素直じゃないんだから〜』
JK『うるさいです黙れください』
MG『お前ら…本当にいい加減にしろ…』
TH『げっ、マネヒョン』
MG『げっ、じゃないんだよスケジュール押してんだよ早くしろよ…』
「オッパ、ジョングガこいつ連行お願いします」
MG『あなたも巻き込んですまないな』
「なんでこんな人たちのマネなんてやってるの」
JM『こんな奴ってどういうことかなあなたちゃん』
MG『まぁ…うん、やりがいあるからだ、』
JN『えっ、マネヒョンが言ってた妹ってこの子のことなの?』
MG『そうだけど。ってかお前らまじで急げ』
JK『……チッ』
「こら舌打ちすんなアイドルが」
MG『そうだ、あなたも来るか?』
「嫌ですお断りしm…JN『もちろんだって!』ジンニム!」
JN『そうしないとみんな来なさそうだし』
「ジンニムが言うなら…行きますけど…」
JM『じゃあ行こーう!』


さりげなく右手取るジミンちゃん先輩に
左手取るジンニムに
後ろから怨念送ってるであろうジョングガに
ルンルンで歩いてるテヒョン先輩に…
このグループ変な人しかいない感じなのかなやっぱ。