無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
307
2021/05/16

第3話

わしの愛する104期生ちゃぁぁぁん達ぃ
長引いてしまって申し訳ないです
では、早速本編へどぞ


~本編~
あ、キースさん!!それに104期生の皆も!今日だったのか.....
ムム!サシャちゃん!パン食べてるぅ 可愛ええ
サシャちゃんの所行こ〜
こんにちは
サシャ「!」
サシャ「ゴクッ.....こ、こんにちは サシャ・ブラウスです」
『そんな賢まらないでぇ』
『私はあなただよ!』
サシャ「ヨロシュクオネギャイシャス(よろしくお願いします)」
ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙可愛い
『じゃあ頑張ってね!頑張ったらパンあげるから!』
サシャ「はい!」
さてエレンきゅんはと。
あ、待って可愛いかよ!この世の何よりも可愛い
『こんにちは』
エレン「!」
エレン「こんにちは エレン・イェーガーです」
『ねぇ』
エレン「はい?」
『ギューってしていい?((圧』
エレン「ど、どうぞ」
ギュー
『はぁ.....癒されるゥ』
エレン「よ、よかったです」
『ミカサちゃんとアルミンも』
アルミン「ゑ.....ススッ」
ミカサ「.....」
『そんな警戒しなくて大丈夫  怖いくないよ?ニコ』
ミカサ「!.....ススッ」
ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙やっべえ.....普通にハーレム
??「サツキ.....」
あ、リヴァイ兵長.....
『な、なんでしょう』
リヴァイ「お前辞めてあげろ」
『嫌です』
今回は無理だわ ごめん兵長
リヴァイ「(  ー̀ н ー́ )」
ゑ.....ゑ?!
ゑ可愛い
リヴァイ「こいつは連れてく すまなかったな」
3人「いえ.....」
わしまた姫抱っこやん
そろそろ殺しに来てるな
『あ、あの.....兵長』
リヴァイ「あ?」
『ちょっと恥ずかしいです...../////』
リヴァイ「知らん」
てかどこに連れてくのよぉ   兵長ぉぉ