無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話
あなた

(やばい…今わかんない…)

和泉一織
(私は初めてあった方に一目惚れしてしまったのでしょうか…?彼女を思うと胸がドキドキしてしまう…)
あなた

(彼を思うと何故か心臓のドキドキが収まらない…)

あなた

(これって)

和泉一織
(まさか)
一織・ あなた
(好きになってしまったってこと?)
あなた

(でも、こんなイケメン……)

和泉一織
(こんな可愛い人を……)
一織・ あなた
(愛せるのだろうか……)
七瀬陸
二人とも顔が赤いけど風邪引いたの?なら休まないと!
二階堂大地
そうだな!お前ら同じ部屋で看病してもらえ
一織・ あなた
(え?)
あなた

(この2人本気?)

和泉三月
なら一織の部屋だな!
和泉一織
どうしてですか!兄さん!
和泉三月
嫌か?
和泉一織
べ、別に……
和泉三月
なら決まりだな!
あなた

え?!あ、ちょ!

大神万理
病人はゆっくり休まないと!
あなた

下ろしてください!お姫様抱っこは、恥ずかしいです……

一織の部屋
和泉一織
……
あなた

……

一織・ あなた
(気まずい!)
あなた

(何を話せば……)

和泉一織
(何を話せば……)
一織・ あなた
あの!
一織・ あなた
あ、
あなた

揃いましたね……

和泉一織
そうですね……
あなた

≧(´▽`)≦アハハハ

和泉一織
≧(´▽`)≦アハハハ
和泉三月
(部屋の外で聞いていても仲がいいな!これなら一織にも彼女が!)
あなた

パーフェクト高校生……聞いた事がありますね

和泉一織
ほんとですか?それ私のことなんです!
あなた

なるほど!一織さんそんな気がしますし!

和泉一織
あ、タメ語で構いませんよ
あなた

分かり……分かった!