無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

星衣のおうち
2
2021/08/05 00:44
私が帰って来て、家には当然誰も居なかった。
夜来星衣
夜来星衣
…ただいま。
夜来星衣
夜来星衣
(のどかわいた…)
                      『ガチャ』
冷蔵庫を開けると
ジュースやらお菓子やら豪華なものが沢山あった。
夜来星衣
夜来星衣
(…ぜんぶ優希のやつなんだ)
お母様は優希が大好きだ。
                           お小遣いは毎月3万円。
夜来星衣
夜来星衣
(私は貰えないけどね)
家に帰ってきたかと思えば冷蔵庫に食事を置いていく。
                               これも優希のため。
夜来星衣
夜来星衣
(私なんてどうでもいいんだ。)
お母様は、私に何もしてくれないけど
                                       優希は私に優しかった
////////////////ちょっと回想//////////
夜来優希
夜来優希
おねぇちゃん!
夜来優希
夜来優希
ちゃんとご飯食べてる?
夜来優希
夜来優希
僕がご飯作ってあげよっか?
夜来優希
夜来優希
おかあさんの事は気にしなくたっていいよ
/////////////////////////////////
いつも、言って欲しいことを言ってくれる
夜来星衣
夜来星衣
(誰もいない家ってやっぱり寂しいな)
夜来星衣
夜来星衣
(どうせお母様帰ってこないし…寝よっかな…)
                 昔は…
文句の理不尽なことを言っていたけどもう
何も言わない
時々の文句が飛んでくるだけ
夜来星衣
夜来星衣
(…ずっと責められるよりも楽だけど)
夜来星衣
夜来星衣
(やっぱりねよう)
                          『ボスッ』
夜来星衣
夜来星衣
(ハァ…起きたら…勉強…しないとな…)