無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

日常
代々木 奈々
琉凪!早く起きなさい!
代々木 琉凪
え…今日って学校あるの?
代々木 奈々
あるに決まってるじゃない!
代々木 星渚
琉凪、早くしないと私…じゃなくて僕まで遅刻するから!
代々木 琉凪
分かったよ…
星渚の為だからね。
僕は代々木よよぎ 琉凪るな
母さんと父さん、双子の弟星渚せなの四人家族。
僕が朝に弱いから、いつもこんな感じ。
慌てて朝ごはんを食べて、慌てて支度をする。
代々木 琉凪
んじゃ、行ってきまーす!
代々木 星渚
行ってきます!
代々木 奈々
いってらっしゃい。気を付けてね。