無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

凄惨の教会
訳がわからない…
周りには教会の椅子にすわっている死体があり、その目の前で祈っている少女がいる
その光景は不気味でありながらも見惚れる美しさがあった
オルガンの音は今も奏でている
ロス・ムーア
ロス・ムーア
おい!
そう叫んだ途端

ガタン(!
と教会に大きな物音がした
私たちが辺りを警戒していると
祈っている少女の目の前に大きい気味の悪いやつが現れた
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
ロス・ムーア
ロス・ムーア
邪道だ
ロス・ムーア
ロス・ムーア
チッ
ロス先輩は傍にあった1mはあるロウソクを持ち少女に一直線で走って行った
邪道は大きく口を開け今も祈り続ける少女を食べようとしている
ロス・ムーア
ロス・ムーア
ハードゥン!!
ガッ
ロス先輩は教会の椅子を使って跳び少女がさを飛び越え邪道をロウソクで切った
邪道は音をたてて倒れそのまま消えていった
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
す、すごい‧✧̣̥̇‧
少女はゆっくりと目を開け
ノア・クラリス
ノア・クラリス
死ねなかった………
と呟いた
ロス・ムーア
ロス・ムーア
お前、死にたかったのか?
ノア・クラリス
ノア・クラリス
そうよ
ロス・ムーア
ロス・ムーア
大バカだなw
ロス・ムーア
ロス・ムーア
お前、手震えてたぞ?
ノア・クラリス
ノア・クラリス
!
ノア・クラリス
ノア・クラリス
そんなわけないじゃない!
少女の声が教会に響いた
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
あの、あなたは誰ですか?
ノア・クラリス
ノア・クラリス
ノア・クラリスよ
ノア・クラリス
ノア・クラリス
そういうあなた達は誰なの?
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
私は、ソレア・ターナー
ロス・ムーア
ロス・ムーア
………
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
あ、あの人はロス・ムーアって言います
ロスは私に言うよう目で合図した
ノア・クラリス
ノア・クラリス
ふーん
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
あの、ノアさんは何をしてたんですか?
ノア・クラリス
ノア・クラリス
見ての通り祈ってたのよ
この村に祝福があるようにね
祝福…
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
あ、私たちは依頼を受けてここに来ました
邪道を退治して欲しいって…
ノア・クラリス
ノア・クラリス
ねぇ敬語やめてくれない?
ノア・クラリス
ノア・クラリス
話ずらいのよね
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
あ、h(うん
ノア・クラリス
ノア・クラリス
でも、誰が依頼なんてしたのかしら…
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
ねぇ、この村はなんでこんな惨殺が…
ノア・クラリス
ノア・クラリス
それは…ある日突然アスって人がこの村に来て広場で人質をとったの「命令に従わなければこの村を潰す」って
ノア・クラリス
ノア・クラリス
みんな、怖くて従ったけど結局私以外は惨殺されたわ
ノア・クラリス
ノア・クラリス
もう、怒りなんて感じない
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
ノア…
ノアを慰めようとしていると
ロス・ムーア
ロス・ムーア
おい、もう終わったなら帰るぞ邪道を倒したんだ
あとはアデンに任せる
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
ちょっと待ってよ
多分、これ以上いてもノアを悲しませるだけだと気を使ってくれているのだろう
でも…
ノア・クラリス
ノア・クラリス
邪道はまだ死んでないわよ
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
え?
ノア・クラリス
ノア・クラリス
邪道は明日の午前5時にこの教会に来る
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
なんで、
ノア・クラリス
ノア・クラリス
アスが言ってたからよ
ノア・クラリス
ノア・クラリス
毎朝この教会の修道女が1人ずつ殺されるの
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
今日は、
ノア・クラリス
ノア・クラリス
私の番よ
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
でも、明日も来るならノアを守らないと
ノア・クラリス
ノア・クラリス
別にいいわよ
ノア・クラリス
ノア・クラリス
どうせこの村には私しかいないんだもの…
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
ッ!
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
それでもっ!
ノアには生きて欲しい!!
私達が邪道を倒すから!
ノア・クラリス
ノア・クラリス
えぇ(^ ^)