無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

帰宅
オルンを見つけたあとすぐにRF達とも合流した
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
ねぇオルン?
オルン・グレトイド
オルン・グレトイド
なーに?
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
私たちこれからお話をするんだけどきっとつまんないと思うの、だからロスと一緒に近くを探索して欲しいな
ロス先輩は驚き私に文句を言おうとしていたがオルンが「いいよ!」と言いロス先輩と手を繋いだ
ノア・クラリス
ノア・クラリス
ぷぷ、先輩したわれてますねー
ノアはくつくつと笑いながら言いロス先輩は今にもブチ切れそうだ
ロス・ムーア
ロス・ムーア
チッ
早くしろ
ロス先輩はオルンと森の中へ消えた
(捜索って言うのはただの口実だ 本当は…)
ホセ・ロペス
ホセ・ロペス
ソレアは子供に慣れてるんだね
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
え?
ホセ・ロペス
ホセ・ロペス
今から話すんでしょ?あの村のこと
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
うん…
あの村とはホセと一緒にオルンを探しに行った村だ
男と戦ったあと村の人たちを埋葬したけど、1人も居なくなった村にオルンを置いて行くなんてことは出来ない
ノア・クラリス
ノア・クラリス
オルンどうするの?
ノア・クラリス
ノア・クラリス
しばらくfreeに置いておく?
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
うん私もそれは考えた
とりあえずアデンに聞くのが先だよね
双子
もう通話してる…
「え!?」双子以外が驚いた
ノア・クラリス
ノア・クラリス
ま、まぁなら今までの流れ話さなくて良かったんじゃない?
ノア・クラリス
ノア・クラリス
どうなの?アデン
アデン・パーカー
アデン・パーカー
うーん俺はいいけどいずれはオルンをどこかに連れてかなか行けない
ソレア・ターナー
ソレア・ターナー
うん、分かってる
アデン・パーカー
アデン・パーカー
まぁfreeに着いたら考えよ
アデンとの電話を切り
ロス先輩達を呼び戻した
オルンは拾った松ぼっくりを私にくれた
多分オルンは今まで何があったか知らない
松ぼっくりをくれるオルンの笑顔を見ていたら涙が目に溜まった
オルンはもう大好きな友達や親と会えない
大好きな村にももう帰れない
邪道さえ居なかったらこんな小さな子が悲しまなくて済むのに…
私がもっと早く着いていれば止められたかもしれないのに…
私たちは時樹海の入口を目指し歩き始めた
私は溜めていた涙ついに零しそうになると
ホセが私の肩をポンと叩いてくれた
そのおかげで涙は引っ込んでくれた
ホセ・ロペス
ホセ・ロペス
ソレアが責任を感じることはない全部、邪道が悪いんだから…
ホセは私の耳元で静かに囁くとfreeに着くまで何も喋らなかった
オルンだけじゃないホセだって家族や友人を亡くしたかもしれないんだ











今日は疲れた_

気がつけばもう太陽が上がり始めていた