無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
涼花が絵の学校に通い始めてしばらくたった。
そしてまた新しい朝。
梨央
梨央
おはよう!
優香
優香
おはよう
梨央
梨央
今日お姉さんは絵の学校?
優香
優香
うん。
月水金通ってる。
梨央
梨央
すごいねぇ!
尊敬だわお姉さん。
優香
優香
そうだね。
私の場合は「尊敬」よりも「羨ましい」気持ちのほうが強いかな…
梨央
梨央
優香はまだ夢ないんだっけ?
優香
優香
え?うん。
何で急に
梨央
梨央
なんか優香は、ダンスも格好良くて
優香
優香
梨央
梨央
歌も上手いし。
優香
優香
ホントにどうしたの急に
梨央
梨央
ラップも練習すれば凄く上手くなると思う…
優香
優香
きいてる?
おーい\(^o^)/
梨央
梨央
ねぇ優香
優香
優香
はい。
梨央
梨央
私達さぁ…
「K-POPアイドルとしてデビューしない?」