無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

*
放課後 ___
🌷  ふぁっ‥眠い‥
帰ろうとして席を立ち上がると‥
ふと女子達の声が耳に入った
''  校門の前にイケメンがいる  ''
そう聞いた途端に、それ絶対ゆんぎおっぱの事だって思って、ダッシュで校門まで走ったよ
けど待ってたのは‥

































全然知らない男の人でした。←
確かにイケメンだけど‥
🌷  ゆんぎおっぱじゃなかった‥
?  あ、、、、もしかして君があなたちゃん?
🌷  え!?あ、はい
さっきの校門イケメンに声を掛けられた
?  あーそっか君が!僕ね、今日ゆんぎの代わりに君を家に送り届ける役目を任されたんだ!
🌷  ゆんぎおっぱのお友達さんですか‥?
?  うん!そうだよ!僕の名前はきむそくじん!
🌷 きむそくじん‥さん‥、、どっかで聞いたことありますね‥あれ?
( じん   🐹 )
🐹  え?聞いたことある?笑笑
🌷  ‥あ!!!!!!!!! もしかして、万端大学のミスコン1位‥の
🐹  んー、、正解!笑
🌷  やっぱり!!!!!!!! イケメンですね!!!!!!
🐹  ッツ//////// ねぇ、不意打ちはダメだよ//////
🌷  へ‥?
next  ___
--------------
次回予告 ______
🐹  ねぇあなたちゃん‥僕君に惚れちゃったかも‥
🌷  へ‥?
次回もお楽しみに  __☆