プリ小説
一覧へ

第1話

初めて 1
同棲を初めて、数日が経った。
伊織
伊織
なぁー、ちとせ。
彼女が振り向く前に、俺はちとせを抱きしめる。
何か、今日…すっげぇ襲いたい。
ちとせ
ちとせ
伊織さん…何ですkぁっ…、ん…、
やば、すげーそそられる。
キスだけでそんな声出すなよ…、。
伊織
伊織
…やりたいんだけど、。
ちとせ
ちとせ
ぇ、。い、伊織さ…ぁ、ん…っふ、ァ…
ちとせが言い終わる前に俺はすかさず彼女の口内を犯した。
やっばい…我慢できねぇ、。
ちとせ
ちとせ
っい、伊織さ…ァっ、どこ、触って…ァ、ん…
すげー濡れてる。ヤバすぎだろ…
…少し、意地悪してみようかな、?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

三日月🌙
三日月🌙
学校あるんで更新ペース遅いときは超遅いです!ごめんなさい! Twitter→@Mikaduki2ym
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る