無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

17
あっという間に時がすぎて…



とうとう職場体験当日…





いやぁ…朝に
ロボロが迎えに来てくれるって言ってたからとっても楽しみっすね…





ショッピだと雄英と接触してるから職場体験先がバレるって事だったしね…
麗日お茶子
あなたちゃん!
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
はい…???? 
どうかしましたか?
麗日さん…????

話しかけてくるなんて珍しい…



ん?よく見ると女子全員居るやん…



え?何で?!
芦戸三奈
あなたちゃん…ってさ
なんでそんなに私達と話さないの?









なるほどね…



きっと純粋に思ったのだろう…




私がそこまで人と関わらない事を不思議に思ったのか…





響香は無言で私を見つめてくる…





ん?何で?!←




何故響香まで参加?!←
葉隠透
もっと私らに話しかけてくれて良いんだよ?!
だって同じクラスメートだし、
私達みんなは友達になって欲しいし!
八百万百
あなたさん…
響香さんと轟さんと話してない時ずっと暗い表情をしていらして…
…え?




私が暗い表情をしていた…????




大っ嫌いなヒーローの所に居て…



演技が出来ていなかったの…????




それで、ヒーローの卵に心配される…




ダサいな…






そして…




友達になって欲しい…????




私なんかと?




おかしいよ…





私はヒーローが嫌いで…




なんなら…君達が1番嫌いな人種かもしれないよ…?




芦戸三奈
なにか辛い事を抱えてるなら…


私達に頼って欲しいよ…
だってクラスメートじゃん!
………このクラスは




なんでこう…




私の事を心配やら、相談に乗って欲しいって…





優しさをくれるのだろう…




私から話しかけた事なんて…



1回も無い…



なのに…



友達になりたい…
頼って欲しい…




なんでほぼ他人の私に優しさをくれるんだろう…











華羅  (なまえ)
華羅 あなた
なんで…?
芦戸三奈
え?
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
なんでそんなに優しくしてくるの…?
思わず…



本音が溢れ出てしまった…
麗日お茶子
なんでって!
さっきも言ったように、

友達って頼って頼られる
楽しい時間楽しいトキ苦しい時間苦しいトキも共有して過ごしていくものなんだって私たちは思ってるからだよ
芦戸三奈
あなたちゃんが抱えてる悩みも全部私達で背負うから…
頼って?
あぁ…    




このクラス1年A組は…




きっと…




暖かくって…




居心地がいいんだな…




きっと…




素敵な…




英雄ヒーローになるんだろうな…
耳郎響香
あなた…泣いてるよ…
気づいたら…



私は涙を流していて…




床に生暖かい水滴が零れ落ちた…
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
みんな…
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
ありがとう
麗日お茶子
!!!
八百万百
!!!
芦戸三奈
!!!
葉隠透
!!!
そう私はその場に居た女子の皆に言い…



口元が緩んでいて…


微笑んでいるんだと私は自分で自覚した…
芦戸三奈
改めて…
あなたちゃん…
私たちと友達になって欲しい!
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
私なんかで…良ければ…良いよ
麗日お茶子
う〜グスッ
良かったあなたちゃんが友達になってくれて…
芦戸三奈
ねぇ!
これからあなたって呼んでいい?
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
うん…
構わない
耳郎響香
あなた…はいこれで涙拭いて…
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
ん、ありがとう
私は…





この優しさの沼から抜け出せないかもしれない…






そしてこの時思った…







全員絶対に私が守り抜くと…
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
悩みか…
芦戸三奈
何時でも話していいからね!
なんから今でも!
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
今は…
人が沢山居るし…
また今度でいいかな…
それに相澤先生怒ってるし…
芦戸三奈
…あ
相澤先生
お前ら…

早くこっちに来い
ーーーー
今は響香に借りたハンカチで涙を吹き終わって…



先生の話を聞いている…
轟焦凍
あなた大丈夫か?
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
うん…大丈夫
少しすると焦凍が話しかけて来て…



心配そうに私を見ている…
轟焦凍
溜め込むなって言っただろ…?
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
ちゃんと職場体験が終わったら話すよ…気にかけてくれてありがとう
轟焦凍
ん、じゃあ職場体験頑張れよ
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
ん、焦凍も頑張ってね
相澤先生
コスチュームを落とすんじゃねぇぞ
芦戸三奈
はーい!
相澤先生
伸ばすな 
はい
だ、芦戸
コスチューム…


いつもヒーロー活動をしている時に来てる
白と赤の袴…


正直に言って…


あのスーツの方が動きやすい…



はぁ…
芦戸三奈
じゃああなたまた学校で会おうね!
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
うん、頑張ってね芦戸ちゃん
芦戸三奈
…三奈!!!
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
え?
芦戸三奈
三奈って呼んで!
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
う、うん、
頑張ってね…えっと…三奈…ちゃん。
芦戸三奈
…あなた可愛い…
耳郎響香
わかるよ
芦戸三奈
これからは私らでちゃんと保護して行かなちゃ…
耳郎響香
そうだね…
…なんの話し?
…………………………………………………………………………………………
作者
作者
えー…

無事に女子達とも仲良くなれました(´;ω;`)←ウザイよ?

本当に良かったぁぁぁ(´;ω;`)←泣き叫ぶんじゃねぇ!

矢印うるさいぃぃぃぃぃぃぃ←おめぇもうるせぇ



えー…次回もミテ(((←見てな



え、セリフ取られた…