無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

35
『夜』
ショッピ
先輩…
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
ん?どうしたん?
ショッピ
今日は月が綺麗っすね
月みたら先輩が昔話してくれた昔話思い出しますね
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
あ〜月の女神ツクヨミ様の話?
ショッピ
そう、それっす
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
…もっかい話す?w
ショッピ
それもええっすね
お願いしますw
華羅  (なまえ)
華羅 あなた
ん、じゃあ…
話すね…
…………………………………………………………………………………………
作者
作者
今回短くない?と思ったそこの貴方!


ここでお知らせが2つあります!
作者
作者
1つ目のお知らせ!!!
この物語第1章が終わりました!!!
え?何章とかの物語だって聞いてないって?
今話したからね( ・´֊・`)←ウザイ
矢印ダマラッシャイ
『ちなみに第1章は はじまり でした…』←なんの報告…
作者
作者
まぁ次から第2章です!!!
←切りが悪ぃんだよ…
ダマラッシャイ
作者
作者
2つ目のお知らせ!!!
もう、矢印くんと2人は寂しいので…
各回にゲスト召喚したいと思いますっ!
まぁ登場キャラ1人ずつね←読者様になんも関係ないじゃん!
ウルサイッピ
作者
作者
という事でお知らせと1章最終話でした!




最後に予告編(?)をどぞ!
…………………………………………………………………………………………



















「それが…の血じゃ…」










「おぉ!お主が…の…だったんだな…!!!」



















「それが…の血…」










「…が…の…だったんだな…」











「あの昔話には秘密があるらしい…」













「先輩…約束したじゃないですか!!!
お願いだから…もう…やめてください…!!!」










「…約束は出来ないかもしれない…ごめんね
『第2章 月の神   開幕』