無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

18
2021/09/12

第4話




ある日のこと。







staff「撮影始めまーす」











この日は僕とヒョン、ホソガとナムジュナの4人の撮影だった。






テーマは「愛」





ファンが喜ぶようなショットを撮るらしい。









staff「では~ジンさんとユンギさん!」




staff「ベッドに2人で寝っ転がってもらいます」




Jn「そ、そんなことするんですか...」




staff「はい、一応撮影なので、」




Jn「わかりました」







そんなこんなで始まった撮影。







ラブホのような雰囲気をしたセットの中に






シングルベッドがあった。










staff「ユンギさんがジンさんを襲うような感じでお願いします~^^」





このスタッフ笑ってるけど大丈夫かよ...







Jn「ゆ、んぎ...?」





yg「あぁ、すいません」







俺はヒョンの上に跨った。







staff「そうそういい感じ~^^」










怖いから笑うなよ...








staff「もっと近づいてください~」






俺は唇が触れるギリギリまでヒョンに近づいた







Jn「...っ、///」








yg「...何照れてるんですか、ㅎ」





Jn「ちかいっ、.../」







staff「はいカット~」







staff「お疲れ様でした~!」








Jn&yg「ありがとうございましたー」











Jn「ね、ねぇユンギ」





Yg「どうしました?」






Jn「シ、シたい、.../」







Yg「帰ってからね」





Jn「やらぁっ、...」






Jn「い、いまっ、...」






このヒョン、なにかおかしい。