無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第二話
数時間後







母「あなた〜用意できた?」

you『もうちょっと!』

10分後

you『よし!』
you『おわったy…』

母「あら、おわったのね。」

you『オンマその人だれ?』

母「あーこの人は」

??「お母さんすいませんまだ言わないでください」

母「わかったわ」

??「それじゃあ僕は帰ります」

母「わざわざありがとね」

??「いえいえ、それではおやすみなさい」

母「気をつけて帰ってね」

??「はい」






you『だから誰なの?』

母「明日になればわかるわよ」

you『なんだよ、早く教えろや』

母「それにしてもイケメンねぇ」

you『さっきの?』

母「そうそう」
母「あ、そうだあんたの用意が遅いからもう23時よー」
母「だから引っ越しは明日ね」

you『え、ほんとに?やったー!』
you『今日もこの家で寝れる!』
もういっそのこと明日も明後日もずーっと寝て引っ越し遅らせようかな

母「早くお風呂入って寝なさい」

you『え?ご飯は?』

母「お前はボケとんのか」
母「さっき食ってただろ」

you『は?ババァうっせぇな』

急にグレるあなた氏
※この子はたまに口悪くなる設定です。

母「今なんて言った?😊」

you『ババァ「あああ?」

you『何も言っておりませぬ』

母「ならよろしい」
母「お風呂入っておいで」

you『わかりました!』


________________

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ringo
ringo
はじめまして!ringoです! BTSの推しはジミナです。 GENEの推しはれおです。 よろしくおねがいしまーす! のんびりマイペースに投稿しようと思います。 あと一つ皆さんちむらぶさんって知ってますか?知らない人はいないと思うけど一度ちむらぶさんの小説読んで見てください!めっちゃおもしろいです! 🤓🦍💸
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る