第9話

番外編
2,087
2019/02/15 12:29










" セブチちゃん達にチョコレートをあげてみたら "













ミョンホ



「 ん , おっぱ 」

『 わあ ! 作ってくれたの ? 』


なんてニコニコ笑顔で言ってくるからミンギュおっぱと一緒に作ったなんて言えない


「 うん 」

『 ふふ , ありがとう 』


もうずっとニコニコで見てるこっちが倒れそう

もう騙すの可哀想になってくる


「 っ .... あのね ? 」

『 知ってるよ ミンギュと作ったんだよね ? 』

「 うん ... 」

『 作ってくれるのは嬉しいけどミンギュと一緒はなあ ... 』

「 ごめんね 」

『 ううん , ちょっと妬いちゃっただけだから 』


なんてお顔を隠すミンハオ君

組長どこ行ったんですか













ミンギュ



『 はい あなた ! 』

「 あ , ありがと 」


これが例の逆チョコってやつですね

まあミンギュの開けてみるじゃないですか


なんとまあ完璧なガトーショコラ

あなたちゃん作ってたけどこんなん見たらあげるき失せちゃう


『 あなた ? あるんでしょ ? 』

「 ないよ 」


あなたちゃん不器用だからチョコの形いびつ過ぎてもう渡したくない


『 俺 あなたが徹夜して頑張ってくれたの知ってるよ 』


なんて言われたら渡すしかない











ドギョム


「 そくみな 〜 ! 」

『 ん ? 』

「 はい ど 〜 ぞ !! 」

『 え ? ありがとう ! 』

「 いいえ 〜 ! 食べてみて !? 」

『 ん , おいしい !! 』

「 ほんと !? 作って良かった ! 」

『 ふふ , ホワイトデーたのしみにしといてね ? 』

「 うん ! 」


なんてずっとニコニコなカップルどこに行けば居るんですか












スングァン



「 はあ , バレンタインデーもスングァナはテレビの中か ... 」



『 caratセンイルチュッカヘヨ ! 』

「 はあ , 今日はcaratのセンイルか ... 」




『 ただいま !!! 』

「 スングァナ ! お帰り ! 」


テレビ見るとseventeenが写ってる


『 わあ , 僕たちも売れたなあ 』

「 疲れてる ? 寝なよ 」

『 ん 〜 ん , あなたにチョコ貰わないといけないから起きてる 〜 』

「 チョコ駄目でしょ ? 太るじゃん 」

『 ん 〜 !! けど食べるの ! 』

「 はいはい 」


って渡すと満面の笑みでこういうから狡い




" ふふ , 僕の事を幸せにできるのはあなたくらいだよ ? "













バーノン



「 ぼのぼのぼの 」

『 なになになに 』

「 今日はなんの日 ? 」

『 付き合った記念日 ! 』

「 ふふ , そうだね ! 」

「 だから , ケーキ作った !! 」

『 ほんと ??! 嬉しいまじで 』

「 それは良かったや ! 」

「 食べよ ? 」


なんて言ってると


『 はい , いつもありがとう 愛してる 』


なんて後ろからネックレス掛けてくれるハンソル何処です ?











ディノ


「 チャニ 〜 ! 」

『 どうしたの ヌナ 』


なんて正常装ってるつもりだろうけど朝からそわそわしてんのバレバレ

ちょっと意地悪しちゃおうって夜まで今日がなんの日か憶えてないふりをする


「 なに ソワソワしてるの ?? 」

『 え っ ! いや チ ... 』

「 チ ? 」

『 チョコくれないかなって !!! 』

「 ふふ , 分かってるよ はいどーぞ 」

『 もう ! ヌナ覚えてないかと思いました ! 』

「 流石に覚えてるよ 誰かさんチョコ大好きだもんね 〜 」

『 ん 〜 ! 僕ヌナの方がすきです !! 』



なんて元気いっぱいのチャニ君下さい




























はい だいぶ遅れましたね

caratちゃんセンイルチュッカヘヨ \ ❤︎ /

ハッピーバレンタイン !





まあ 今日 テンション爆上げなんで本編も書きますね




え ? なんで爆上げなんかって ? ( 聞いてない )




あのね ! まあ 一個はらむちゃんですよね

だいすき ! ❤︎



で 知らない人ばっかだと思うんですけどノエルちゃんっているんですね


Twitterフォロバされちゃいました ()



プリ小説オーディオドラマ