無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

1話
515
2022/05/14 03:20
母親
母親
ああもう!
母親
母親
ウザイわね!!
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
ご、ごめんなさい....
父親
父親
「ごめんなさい」じゃなくて「申し訳ありません」だろ!!
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
申し訳ありません....
母親
母親
あんたなんかもういらない
母親
母親
さっさと私たちの前から消えて!!
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
え.....
父親
父親
早く消えろってんだよ!
母親
母親
それとも殺されたい?
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
ッ.....
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
タタタッ...
母親
母親
やっと厄介者が消えてくれた
父親
父親
役立たずが...どうせなら目の前で殺せばよかったな
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
ウッ.....ハァハァハァ...
頭の中で両親"だった"人たちの声が聞こえる
ただただ怖くて....それ以外は何も感じない
息が苦しくても足が痛くても何よりも恐怖心が体を支配する
辛くても苦しくても
あの人たちからは逃れられなかった
唯一の救いも...きっともう見れない
こうやってやっと解放されても私の行く宛なんてあるわけない
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
あ....
足が着いていた地面が顔のすぐ近くにある
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
ウッ....
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
ポロポロ...
どうしようもなく...私は泣いた
今は深夜の1時
周りにはあまり人はいなかった
そのせいなのか...私の中で転んだ瞬間何かが壊れ、崩れた
あの人たちに殴られても涙なんてでなかったのに
やっと解放されたのに....
何かがプツンと...切れた
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
う..あぁぁぁ...
何が切れたのかなんて分からない
でも、泣きたかった
ずっと溜め込んできたものを吐き出したかった
そんな時.....
???「どうしたん?」
???「めっちゃ泣いてるけど...家帰らんでええん?」
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
ビクッ...
???「うーん...この子の家まで送る?」
???「1人じゃ危ないしな...家どこか言える?」
2人の男の人が私に質問をしてきた
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
ガタガタ...
家の外に出たことなんてほとんどなかった
あの人たち以外と話すのは何年ぶりだろう...
???「あ!こういう時は名乗らなきゃやな」
???「急に知らん人に声掛けられても怖いもんな....」
???「俺は紀伊映暁」
???「俺は朱菜露木」
紀伊映 暁(キイ八 シャオ)
紀伊映 暁(キイ八 シャオ)
なんでこんなところで泣いてるん?
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
え...えっと...
朱菜 露木(アカナ ロキ)
朱菜 露木(アカナ ロキ)
あ!あそこの公園で話そうや
そう言って2人は公園目指して歩き始めた
でも...私は動けない
今度はさっきとは違う恐怖が体を支配して足が動かない
紀伊映 暁(キイ八 シャオ)
紀伊映 暁(キイ八 シャオ)
ん?足怪我してる...
朱菜 露木(アカナ ロキ)
朱菜 露木(アカナ ロキ)
もうこれは公園で話聞いてる場合じゃないやろ!
紀伊映 暁(キイ八 シャオ)
紀伊映 暁(キイ八 シャオ)
怪我の処置しなきゃや
朱菜 露木(アカナ ロキ)
朱菜 露木(アカナ ロキ)
君、怪我の処置するためについてきてくれる?
紀伊映 暁(キイ八 シャオ)
紀伊映 暁(キイ八 シャオ)
そんな言い方したら不審者やろ!
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
い、行きます
どうにか勇気を振り絞って...声を出した
朱菜 露木(アカナ ロキ)
朱菜 露木(アカナ ロキ)
動けないんやったら....
紀伊映 暁(キイ八 シャオ)
紀伊映 暁(キイ八 シャオ)
俺らが運ぶから少し我慢してな
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
ありがとう...ございます..
暁....さんは私をおんぶしてくれた
できるだけゆらさないように気をつけて歩いてくれるのが伝わって...
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
ポロポロ....
朱菜 露木(アカナ ロキ)
朱菜 露木(アカナ ロキ)
うぇ!?
私はまた泣いてしまった
紀伊映 暁(キイ八 シャオ)
紀伊映 暁(キイ八 シャオ)
痛いよな...もう少しやからもうちょっと頑張ってや!
田那葉 憂芽(たなは うめ)
田那葉 憂芽(たなは うめ)
大丈夫...です...
そうやってどうにか2人の家に着いた