無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
604
2021/07/24

第1話

1年1組
山中(なまえ)
山中あなた
どお!!制服似合う?
お母さん
お母さん
とっても素敵!!可愛いわ!
山中(なまえ)
山中あなた
えへへ…
お母さん
お母さん
行ってらっしゃい



































_



学校に着くと、色々な人が居た。
可愛わいい子も居れば、かっこいい人も居た




私はクラス表が貼ってある看板に行ったが、
人が集まっていてよく見えない。


山中(なまえ)
山中あなた
んんん…!見えないぃ…




背伸びをするも、やっぱり見えない。


チャイムが鳴る前には、教室着いておきたい。


山中(なまえ)
山中あなた
これなら…!シュバッ



私は思い切りジャンプをした。
でもよく考えてみたら、一瞬のジャンプで
自分の名前がどこにあるかなんて分かるわけなかった
山中(なまえ)
山中あなた
はああ…



トントン。



肩をつつかれた。
???
さっきのジャンプすげーな!!めっちゃ飛んでた!!
山中(なまえ)
山中あなた
だれ…?
日向翔陽
日向翔陽
あ!俺日向翔陽!!よろしくな!
山中(なまえ)
山中あなた
日向くんか!!私は山中あなた!よろしくね!
日向翔陽
日向翔陽
う、うん…/////
山中(なまえ)
山中あなた
山中(なまえ)
山中あなた
あ!早くクラス確認しなきゃ!!
日向翔陽
日向翔陽
あ、じゃあ俺が見に行ってあげようか?
山中(なまえ)
山中あなた
え!いいの!
日向翔陽
日向翔陽
任せて!すぐ見つけてくるから!



そう言って1分くらいたった。
日向翔陽
日向翔陽
山中さーん!!
山中(なまえ)
山中あなた
あ、帰ってきた、日向くんありがとう!
日向翔陽
日向翔陽
山中さん1年1組だったよ!俺と同じ!
山中(なまえ)
山中あなた
え!ほんと!!やった嬉しいね!ニコッ
日向翔陽
日向翔陽
うん!仲良くしよーね!








私たちは一緒に教室へ向かった


日向翔陽
日向翔陽
そーいえば山中さんさっきのジャンプすごかった!!いいなあ!
山中(なまえ)
山中あなた
そうかな?
日向翔陽
日向翔陽
なんかスポーツしてるの?
山中(なまえ)
山中あなた
ううん!何もしてないよ!



そう話している間に着いた。