無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

473
2021/07/24

第4話

赤面


3分くらい経ったときだろうか、保健室に連れていくか迷っていた時に起きてくれた
山中(なまえ)
山中あなた
日向くん!!大丈夫!?保健室行く?
日向翔陽
日向翔陽
え…あ、う、ううん…大丈夫だよ。
山中(なまえ)
山中あなた
で、でもまだ顔赤いよ…?




私は日向君の前髪をあげて、私のおでことくっつけた。


山中(なまえ)
山中あなた
(熱はないと思うんだけど…)
日向翔陽
日向翔陽
(え、…!?ち、近…い、い、いい匂い…)/////



バタッ
山中(なまえ)
山中あなた
え!?


また倒れた。
次は保健室に運んで行った
日向くんは思った以上に軽かったから結構運べた

























ガラガラ
山中(なまえ)
山中あなた
し、失礼します!!
保健室の先生
あら、どうしたの?って……その子は?
山中(なまえ)
山中あなた
それが急に倒れちゃって…顔も赤いし…熱かもしれないんです!
保健室の先生
あら、それは大変!そこのベットに乗せてもらえる?
山中(なまえ)
山中あなた
りょーかいです!


私は日向くんをゆっくりベットにのせた。





日向くんはまた何分かして起きた。
熱もなかった、良かった…
日向翔陽
日向翔陽
ご、ごめんね山中さん…保健室までわざわざありがとう…
山中(なまえ)
山中あなた
うん!全然ヘーき!
山中(なまえ)
山中あなた
てゆうか、日向くん呼び捨てでいいよ?
日向翔陽
日向翔陽
え、で、でも…!
山中(なまえ)
山中あなた
あなたって呼んで!ニコッ
日向翔陽
日向翔陽
あなた…/////
山中(なまえ)
山中あなた
うん!
日向くんよく顔赤くなるのなんでなんだろう?
熱でもないし…まあいいか!

本人が元気なら大丈夫だよね!
日向翔陽
日向翔陽
じゃ、じゃあ俺も翔陽って呼んで!!
山中(なまえ)
山中あなた
へへ、翔陽!ニコッ
日向翔陽
日向翔陽
ひゃ、ひゃい…//////////
山中(なまえ)
山中あなた
(もっと赤くなった…自分で顔赤くできるのかな…?翔陽すごい…!!)