無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

821
2021/11/11

第14話

恋愛ってこういう感じなのか/Side.廉
友梨佳が俺の家にまで来てくれたあの日。


俺にとっては一世一代の告白をして、友梨佳も満更ではなさそうだったのだが……。
桃原 友梨佳
桃原 友梨佳
告白の返事はもっと、〝素の、演技していない〟黒崎先輩のことを知ってからでいいですか?

そう友梨佳に言われたら、頷くしかなかった。
黒崎 廉
黒崎 廉
(これは振られるフラグなのか? それとも、OKかもしれないフラグなのか!? 分からん!!)

試験期間は友梨佳も集中して勉強したいと言うので、会うことはできない。


しかし、試験が終わった週末に友梨佳と映画を見に行く約束をした。


あの日から、友梨佳が少し照れたような笑顔を向けてくれるようになったのは、大きな一歩だった。


問題を解く度に友梨佳の笑顔が脳裏をかすめて気が気ではなかったが、俺は今までになく猛烈に勉強した。
担任教師
担任教師
黒崎……こんなに勉強ができたのか

各教科の点数を見た担任教師も、非常に驚いている。
黒崎 廉
黒崎 廉
当たり前じゃないですか。
役者時代はずっとチューターをつけてましたし、地頭は悪くないですよ
担任教師
担任教師
それなら最初からやってくれよ……!
黒崎 廉
黒崎 廉
頑張る理由ができただけです

勉強ができずに友梨佳に呆れられるよりは、できた方がいい。


補習なんてもってのほかだ。


ようやく友梨佳と連絡先も交換したし、あとはデートでお近づきになるだけ。
黒崎 廉
黒崎 廉
(でももう、演技は使えない……。使っても、きっと友梨佳は見破ってしまう)

よりによって俺が一番自信のない、素の自分でいなければならない。


こんな俺を、友梨佳は好ましいと思ってくれるのだろうか。



***



デート当日は、念入りに変装した。


髪型を変え、伊達眼鏡を掛け、待ち合わせ場所まではマスクを着けて移動する。


引退した身なのでカメラを気にする必要はもうあまりないが、万が一何かあって友梨佳を困らせたくない。


待ち合わせ場所近くの駅を出たところで、俺は友梨佳を見つけた。


おしゃれをして、ショーウィンドウのガラスに映る前髪を整えている。
黒崎 廉
黒崎 廉
(やっぱり、そういうところは普通の女の子らしいな……)

急いで駆け寄り、後ろから声を掛ける。
黒崎 廉
黒崎 廉
ま、待たせてごめん
桃原 友梨佳
桃原 友梨佳
あっ、いえ! 私も早く来すぎてしまったので……

俺の第一声がちょっと裏返ってしまったが、友梨佳も同じく声が震えていた。


互いに緊張しているようだ。
黒崎 廉
黒崎 廉
(そうか、恋愛ってこういう感じなのか……)

ようやく、現実の恋とやらが分かってきたかもしれない。



***



約三時間後。


カフェで昼食をとりながら、俺たちは映画の感想を語り合っていた。
黒崎 廉
黒崎 廉
いやー、佐久間さんのあの演技はずるかったな……
桃原 友梨佳
桃原 友梨佳
ほ、ほんと凄かったですね!

俺たちが見たのは、友梨佳の好きなミステリー小説が原作の映画。


俺が知っている監督に、演出家、過去の共演者たち、そして高度な心理戦が使われる騙し合い。


ミスリードに次ぐミスリードに、俺はすっかり騙されてしまった。


アクションのような派手さはないが、記憶に残る仕上がりに興奮がおさまらない。
黒崎 廉
黒崎 廉
俺だったら、あそこでベルを鳴らして仲間を助けに行ってるな
桃原 友梨佳
桃原 友梨佳
私も素直に騙されると思います……
黒崎 廉
黒崎 廉
だよな。
二手三手先を読んで行動できるのは、マジですごい。
それを演じてた佐久間さんも……

友梨佳は結末を知っていたはずなのに、それでもずっと楽しそうに映画を見ていた。
桃原 友梨佳
桃原 友梨佳
先輩、今日は自然に話してくれますね
黒崎 廉
黒崎 廉
え……。
あ、ほんとだ
桃原 友梨佳
桃原 友梨佳
そっちのほうがいいです
黒崎 廉
黒崎 廉
……それなら、そうする

友梨佳とこうして話している時間は、とても居心地がいい。


だから自然と話せるようになったのかもしれない。
黒崎 廉
黒崎 廉
友梨佳は、どういう本が好きなの?
桃原 友梨佳
桃原 友梨佳
何でも読む乱読派ですけど、強いて言うならミステリーですかね。
ホームコメディとか、ファンタジーも好きです
黒崎 廉
黒崎 廉
ふむふむ、覚えとく。
家族構成も聞いてなかったな
桃原 友梨佳
桃原 友梨佳
兄と弟がいます。
母は小学校教師で、父は警察官です
黒崎 廉
黒崎 廉
へえ! ああ、でもなんか分かる。
真面目なご両親っぽい
桃原 友梨佳
桃原 友梨佳
あはは

ずっと、こういうなんでもない話がしたかった。


穏やかな時間を愛しく感じていると、友梨佳が何かを思い出したようにあっと声を上げた。
桃原 友梨佳
桃原 友梨佳
今のうちに聞いておきたいんですが、先輩は卒業後ってどうされるんですか?

素朴な疑問に、俺は食事の手を止めた。


【第15話へつづく】