無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

468
2021/11/25

第16話

簡単には戻れない/Side.廉
友梨佳とのデートはこの上なく楽しい時間だった。


あれから数日後。


試験結果が出揃い、放課後の時間を使って進路について話し合う三者面談期間が始まった。
黒崎佐夜子
黒崎佐夜子
廉、直接会うのは久しぶりね!
黒崎 廉
黒崎 廉
マジで時間とれたのかよ……
黒崎佐夜子
黒崎佐夜子
当たり前でしょ。
大事なひとり息子の進路を話し合うんだから、何が何でも時間作ったわよ。
お父さんは海外ツアー中だから、来られなくて残念だったわね

撮影中だったはずの母が学校に駆けつけ、放課後とはいえさっきから学校内が騒がしくなっている。
黒崎佐夜子
黒崎佐夜子
先生、いつも息子がお世話になっております
担任教師
担任教師
廉くん、最近は勉強も頑張っている様子でして……
黒崎佐夜子
黒崎佐夜子
それはそれは!
先生方のご指導のおかげです。
放任の母でいつも申し訳なく思っています
担任教師
担任教師
いえ、そんなことはないですよ……!

大女優を前にして、担任もタジタジだ。


これが、芸能人を目の前にした一般人の反応だろう。
担任教師
担任教師
廉くんの希望は大学進学ということで……ご家庭でも話し合われていますか?
黒崎佐夜子
黒崎佐夜子
それは、ちょっと待ってください。
俳優としての再デビューも考えさせます。
そういう話がきているので
黒崎 廉
黒崎 廉
ちょっ……母さん!

大学進学で話を進めるってことになっていたはずなのに。


ここにきて、母が勝手に言い出してしまった。
担任教師
担任教師
そうでしたか。
黒崎……廉くんも、芸能界に戻りたい気持ちはあるのか?

担任にそう聞かれると、嘘をついてまで否定するのも馬鹿らしくなってきた。
黒崎 廉
黒崎 廉
演技をしたいという思いは、ずっと持っています。
でも、厳しい世界だって分かっているからこそ簡単には戻れない……んです
黒崎佐夜子
黒崎佐夜子
廉……! そうなの?

今までだって、再デビューの話はあちこちの事務所からひっきりなしにきていた。


でも、やっと人間らしい生活を送れて喜んでいた俺は、ずっと断り続けていたのだ。
黒崎 廉
黒崎 廉
演技は今でも好きだし、この前も映画を見て影響されたというか……。
まだ迷っている段階
黒崎佐夜子
黒崎佐夜子
いいじゃない! 迷わずに決めてしまいましょ!
担任教師
担任教師
ま、まあまあ。
お母さんのお気持ちも分かりますが、彼の人生ですので。
黒崎、大学進学にしても、芸能界復帰にしても、お前の立ち回りと頭の良さならきっと大丈夫だ。
決めた道で、精一杯頑張れ
黒崎 廉
黒崎 廉
……はい



***



面談が終わり、母は俺の心境の変化を喜びながら帰って行った。


俺はすぐに下校する気分になれず、非常階段のところで風に当たりながらぼんやりしている。


頭に浮かぶのは、デート中に見た友梨佳の笑顔。


俳優の道に復帰すれば、今の俺の演技を見て、きっと友梨佳は喜んでくれる。


けれど、友梨佳に会って、一緒に過ごす時間はめっきり減ってしまう。
黒崎 廉
黒崎 廉
(そもそも告白の返事はまだだし、振られるかもしれないんだよな……)

そうグルグル頭の中で考えていると、背中をぽんと叩かれた。
黒崎 廉
黒崎 廉
友梨佳……!

振り返ると、友梨佳が珍しくいたずらっ子のような笑顔を浮かべていた。
桃原 友梨佳
桃原 友梨佳
図書館の窓から後ろ姿が見えて。
先輩じゃないかなって思って、抜けて来ました。
さぼってることは秘密にしてくださいね
黒崎 廉
黒崎 廉
……うん

人差し指を口に当ててお願いする姿も可愛くて、頬が緩む。


どうしようもなく愛おしく感じて、俺は友梨佳を思わず抱きしめてしまった。


【第17話へつづく】