第99話

山本の中学生時代 
山本Side
山本)「玲奈ぁぁぁぁぁぁ!!!」

田中)「うわっあなたちゃん?!w」

山本)「やっと笑ってくれた。どしたの?
悩み事ならのるで?」

田中)「いや…ちょっと」

山本)「そっか。ライブ頑張ろうね!」

田中)「それなんですけど…私辞退します」

山本)「え"っ?!マジで?!」

田中)「はい…1年の私なんてまだ早いですし」

山本)「……朝坂先輩に言われたん?」

朝坂先輩とは2年連続で出演している3年だ。

田中)「」

山本)「うーん私がどうにかしとくから‼玲奈は気にせず練習しとき!」

このままじゃヤバイと思った私は証拠を集めるため部活後の先輩と玲奈の後をつけた。




















朝坂)「辞退して朝坂先輩に譲るって顧問の先生に言った?」

田中)「いえ…まだ」

朝坂)「何で?w早く言わないと痛い目にあうって言ったよな?wほんと学習してない。」

そう言って手に持っていたカッターを玲奈に向かって投げようとした

山本)「危ない!!!!!」

私の体は勝手に動いてとっさに右腕でカッターを受けた。

ヤバイ。私右でベース弾いてんのに。
絶対怒られるなこれ。

山本)「…玲奈大丈夫?w」

田中)「ちょっあなたちゃん血‼」

山本)「アハハーヤッバ。これ絶対康二くんに怒られるなーw」

朝坂)「え、ちょ」

山本)「朝坂先輩?今の行動、全てこのカメラに収めてありますからね?晒されたくなかったら…眼中から消えてください」

山本)「てかこれ本当にどうしよ。とりあえずまっさんに電話するか。玲奈、私の鞄からスマホとってくれん?」

田中)「あっはい‼」

"プルルルルルルルッ"

正門)《もしもしー?》

山本)「あ、もしもしー?あんなー右腕にカッター刺さったーどうすればええ?」

田中)「ちょ、そのまま言うんですか?!」

正門)《は?!?!カッター刺さった?!?!》

田中)「ごめんなさい…私のせいで…」

山本)「玲奈はなんも悪ないで。朝坂が悪いんや」

正門)《ちょ、学校?!迎えに行くから‼病院行くで!!!!》

山本)「うーん一応保健室行ってくるわ」

田中)「はよ行きましょ!!!」

山本)「ジャニー!!!」