第29話

風邪
佐野Side
あなたちゃん、風邪ひいちゃったみたいやけど大丈夫なんかな。今日打ち合わせみたいやし…。
"ピーンポーン"
佐野)「あ、僕見てきますね‼」
"ガチャッ"
佐野)「あ、鈴風さん」
鈴風)「佐野くんじゃん。あなたの部屋どこ?」
佐野)「こっちです!」


山本Side
目が覚めたとき、部屋に誰かがいた。
山本)「ん…」
鈴風)「あ、あなた起きた?今日の打ち合わせどうする?一応監督には連絡して休んでもいi」
山本)「休まへんゴホッ」
山本)「私が休む事で、いろんな、人に、迷惑かかるやんか?だから、休まへんゴホッ」
鈴風)「…分かった。無理せんといてよ。
はい着替えてっ」
佐野Side
あなたちゃんの部屋の前をたまたま通りかかった時、あなたちゃんの声が聞こえた。
山本)「私が、休む事で、いろんな、人に、
迷惑かかるやんか、やから休まへんゴホッ」
佐野)「…プロ意識たか。」
そんなことまで考えてたんか…やっぱあなたちゃんすごいな…
佐野)「正門くん、僕薬局で薬とか買ってきますね‼」
正門)「昌也お願いできる?んじゃ、誰かと一緒に行き。」
佐野)「リチャくーん‼薬局ついてきてください!」
リチャ)「わかったー」
僕もあなたちゃんに頼られる存在になりたいな…