第34話

アイス
山本Side
山本)「ねぇ〜ごめんってば〜」
福本)「」
山本)「ねーぇー」
大晴に無視されている山本です…。
事の発端は30分前






山本)「あ、美味しそう‼」
冷凍庫の中を開けると美味しそうなアイスが。それをとって食べていると…
福本)「あ、」
山本)「ん?」
福本)「俺のアイス!!!!」
山本)「えぇ?!大晴のやったん?!」
福本)「もうあなた知らん‼」




て、こういう状態…。
山本)「ねぇ大晴許して?また買うから!」
福本)「あれ数量限定やし。もう売ってへんし。」
えぇ……どうしよぉ……
あ、いい事思いついた☆
山本)「ねぇねぇ大晴こっち向いて??」
福本)「」
"グイッ"(顔を自分の方に向ける)
山本)「許して♡」
福本)「〜〜〜〜っ/////」
山本)「っしゃい!!!」
山本)「照れてる〜w」
福本)「それは反則やであなた‼」


大晴はキラキラスマイルに弱いんだよね☆
女優としても活躍してる山本
こういう時に役立つ演技☆
てか大晴めっちゃ顔赤いわぁ
氷持ってきたろっ