無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
316
2019/06/17

第18話

episode 17
モトキ
モトキ
何してるんですか?
あなた

モトキ...!

お父さん
おい!あなた!誰だよ!
モトキ
モトキ
あ、あなたの幼なじみです。
そんなことより、何してるんですか?
お父さん
お前には関係ねぇだろ!
モトキ
モトキ
関係あるから言ってるんです。
なんでそんなことするんですか?
あなたは何も悪くないです。
全部お父さんが悪いですよ?
あなたはお父さんに出ていけと言われて家から出て来たんです。
お父さん
...!誰もそんなこと言ってねぇよ!
あなた

言ったよ!
私はお母さんの代わりになってお父さんの世話をしてきた。
でももう限界だよ!
「お前は弁護士にでもなって働け」は?
何言ってんの?
人に夢押し付けんのもいい加減にしろよ!!

モトキ
モトキ
あなた、落ち着いて!
あなた

...っつ、ごめん...

お父さん
...ああ、出ていけばいい。
その代わり、二度と帰ってくるな。
俺の前にその面を出すんじゃねぇぞ。
あなた

帰る気なんてない。
顔も見せたくないから、じゃあね。

あなたがそう言うと、父は早歩きで帰っていった。
モトキ
モトキ
いいの?あんなこと言って...
あなた

うん、もう大丈夫だよ!
モトキもありがとね。

モトキ
モトキ
...あのさ、聞いたら失礼かもだけど、
お父さん、元ヤン?
あなた

...当たり笑

あなた

お母さんいなくなってから、お父さんも仕事辞めてずっと家にいたの。
だから私が働くしかなかったんだけど...

あなた

自分で働いて稼いだお金も...全部持っていかれて...
挙句の果てには「弁護士になって俺のために稼げ」とか言って人に夢を押し付けてきて...

あなたの目から涙がこぼれ落ちた。
あなた

もうどうすればいいのか...分からなかった...
お母さんに...会いたい...

モトキは泣いているあなたを
強く抱きしめた。
モトキ
モトキ
もう心配なんてしなくていいよ。
ずっとここにいていいからね。
そう言うとモトキはさっきより強く抱きしめた。



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
最後まで読んでいただきありがとうございました!
アップデートされてログアウトしてから
まさかのログインが出来ずにだいぶ経ちました笑

ごめんなさいね...
今日からまた更新していきます!