無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

栗原 瞳
...
私は、無心で雑巾を手に取り、床を拭き始めた。


4月、中学校に入って、7月の今までずっと 笑ったことなんてなかった。

4軍だから。


この学校のスクールカーストは、1軍2軍3軍まで
そんな大差はない。

3軍に親友をもつ1軍だっている。

けど、4軍...4軍だけが他より大きな差を
つけられていた。


4軍だけが、苦しんでいる。






ガラッ





突然、教室の扉が開いた。


私はあまりに突然のことだったので、肩をびくっと
揺らした。

そして、ゆっくりと扉の方に視線を向ける。


______谷崎桜だ。

1軍の親友をもつ3軍の女子。


本当、恵まれてるよね。あんた。



私は谷崎桜を見た後、また無心で床を拭き始めた。
谷崎 桜
...もう、帰って良いよ。
突然、谷崎桜が誰かに話しかけた。
谷崎 桜
聞いてる?栗原さん。
栗原 瞳
...え、私?
谷崎 桜
あははっ!他に誰がいるの?
クラスメイトが私を見て笑っている。

でも、いつもと違う。嘲笑ってない。
栗原 瞳
え、でも、帰って良いって...
谷崎 桜
うん。後は私がやる。
谷崎桜はそう言って、私の持っている雑巾を
指差した。
栗原 瞳
......え?
どうして?どうして、3軍の人が...
谷崎 桜
あ、今「どうして、3軍の人が」
とか思ったでしょ?
栗原 瞳
え?あ、はい...
谷崎 桜
私の親友に頼んで、栗原さんを
いじめていた人を1軍から3軍に
落としてもらった。
谷崎桜の親友、つまり、女王...
栗原 瞳
でも、どうして...
谷崎 桜
えー。だって、いじめとか
嫌じゃない?
谷崎 桜
これでも私、臆病だからさー。
親友にお願いするまで時間
かかっちゃった。
谷崎 桜
ごめんね?
谷崎桜は苦笑した。
栗原 瞳
い、いえ...
谷崎 桜
良かった!
谷崎 桜
じゃあ、これから宜しくね!瞳!
栗原 瞳
え、私の名前...
谷崎 桜
良いじゃん。もうぶっちゃけて
私たち、親友で良いと思う。
谷崎 桜
瞳を助けたんだから、お願い
聞いて?
谷崎 桜
私、瞳の親友になりたい。
夢じゃ、ない...?

私、今、目の前に“親友”がいる?

中学に入ってからずっと欲しかった親友が、今
できるかもしれない...


私は、目を丸くしてクラスメイトを見ていた。


何もかも突然のことで、驚いていたが、一番驚いた
のが...




クラスメイトが微笑んでいる、ということだ。




私に向かって、優しく笑っている。








その瞬間、私に光が差した気がした。










谷崎桜は、授業の時にあった作文発表で

「苦しんでいる誰かに少しでも光をあげられたら
私は少しでも良い大人になれる。」

そんなことを言っていた。


その時は「たかが綺麗事、」なんて思っていた。


けど、この人は、谷崎桜は、本当の綺麗な事に
したんだ。







この人は、凄い。







栗原 瞳
...私も、なりたいです。
栗原 瞳
谷崎さんの、親友に...!
私がそう言うと、谷崎桜は私の頬を摘まんだ。
谷崎 桜
だったら、“谷崎さん”じゃなくて
“桜”ね!
谷崎 桜
あと、タメ口で!
谷崎 桜
親友、でしょ?
桜は笑った。

この時から私は、桜の笑顔が好きになった。


私の心を、光で満たした素敵なものだから.....。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

月渡 雫
入賞者バッジ
月渡 雫
《 終焉を迎えた。←どうした 》 最近忙しくて色々なことが疎かです。済みません。 コメント返信や更新された小説を読むことが遅れます。 〖連載中〗 ・その先に、僕らはいない。 ・地獄ゲーム ・ケガレの杜 〖専用タグ〗 #月渡る お知らせは「月渡ってるお知らせ」をご覧あれ!← プロフィール画像を変える速さ尋常じゃない。 ( 訳 飽きっぽい。 ) フォローさんは尊敬様!! 読者様には感謝感激雨霰!!。+゚(*ノ∀`) (。・艸・) (。-艸-)) (( 。>艸<)-3 昔のプリ小説へ? #いや、昔よりもいいプリ小説へ。 #未来のプリ小説へ。 #無断転載駄目絶対 (私が言えたことじゃないけど‥‥‥。) #変人同盟 #変人同盟(最強) #天才同盟 #天才同盟(仮) #天災 #わか嬢 親衛隊 階級:隊長 #花那会社 秘書(社員Aから昇格) #ずっと親友同盟 #大好きだよ Twitterはこれよ。↓ @cross_moon_drop サブ垢↓ user/50cfe3+ ※不定期更新。 ※オリジナルのみ執筆。 ※変人の極み。 ※“厨二病”爆発中。 ※発狂は常日頃。 ※時たま深夜テンション。 ※今日も貫くマイペース。 よろしくお願いします_(._.)_
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る