無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

笑顔
永野百合が4軍に落ちて、一週間が経った。


クラスは平和、というわけにもいかず。
斎藤 春美
あはは!ざまーみろ!
廣中 円香
わっ。くっさ。
伏見 由希
...
あんたらがやったくせに。

人の頭の上でゴミ箱をひっくり返すの、そんな
楽しい?
斎藤 春美
じゃあね!今日はここまでに
してあげる!
廣中 円香
また明日、遊ぼ?
廣中円香は醜い笑顔を浮かべた。

そして、教室から去っていった。


それと同時に、止まっていたクラスの時間が
動き出す。


まるで、何もなかったかのように。
クラスメイト
あー、今日あそぼー!
クラスメイト
いいよー!どこ行くー?
勿論、私も無視をする。

「落ちたくないから。」

それは全員共通の理由。


だから、伏見さんの味方は誰もいない。
栗原 瞳
ゴミ箱、どうすんの?
けど、味方になれと言われてなったんだ。

少しは気にかける。
伏見 由希
あー、うん。一人で片付けるから!
伏見 由希
ごめんね!今日は追跡できないや。
伏見さんは笑った。

心から、笑っているような。


本当は辛いはずなのに。


笑顔が完璧だ。



何もなかった、今までのは見間違い。

そう、思わせるほどだった。
栗原 瞳
...
伏見 由希
ん?どうしたの?
また、笑った。

気持ち悪いほど完璧だ。
栗原 瞳
じゃ、明日追跡しよ。
私はそれだけ言って、教室を出た。


















昇降口に向かう途中、潮目先生と桐島先生に
ばったり会った。
潮目 先生
あ、栗原さん!さようなら!
桐島 先生
さよーならー。
栗原 瞳
さよなら...
それだけ会話を交わし、お互いに通り過ぎる。


──────あれ?そういえば...
栗原 瞳
せ、先生!待ってください!
二人が驚いたような顔で振り返る。
潮目 先生
ん?どうしたの?
潮目先生が笑顔で私に向き合う。

桐島先生も、潮目先生につられるように向き合う。
栗原 瞳
あの...
言葉が詰まる。


私、馬鹿だ。

自分から話しかけたのに、言葉を選びきって
いなかった。


数秒間、妙な空気が漂う中で潮目先生と桐島先生は
しっかりと私に向き合って、言葉を待って
くれている。
栗原 瞳
ふ、伏見さん、教室にいます!
栗原 瞳
それだけなんで!
私はそれだけ言って、昇降口に走り出した。

























伏見さんとあの先生たちは、仲が良い。


きっと、ゴミ箱を片付けるの手伝ってくれる。




私に勇気はないけれど、これくらいはしないと。

























───────あれ?





私は何でこんなことしてるんだろう。




いつもの私ならしないのに。










何か、おかしいのかな...

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

月渡 雫
入賞者バッジ
月渡 雫
《 終焉を迎えた。←どうした 》 最近忙しくて色々なことが疎かです。済みません。 コメント返信や更新された小説を読むことが遅れます。 〖連載中〗 ・その先に、僕らはいない。 ・地獄ゲーム ・ケガレの杜 〖専用タグ〗 #月渡る お知らせは「月渡ってるお知らせ」をご覧あれ!← プロフィール画像を変える速さ尋常じゃない。 ( 訳 飽きっぽい。 ) フォローさんは尊敬様!! 読者様には感謝感激雨霰!!。+゚(*ノ∀`) (。・艸・) (。-艸-)) (( 。>艸<)-3 昔のプリ小説へ? #いや、昔よりもいいプリ小説へ。 #未来のプリ小説へ。 #無断転載駄目絶対 (私が言えたことじゃないけど‥‥‥。) #変人同盟 #変人同盟(最強) #天才同盟 #天才同盟(仮) #天災 #わか嬢 親衛隊 階級:隊長 #花那会社 秘書(社員Aから昇格) #ずっと親友同盟 #大好きだよ Twitterはこれよ。↓ @cross_moon_drop サブ垢↓ user/50cfe3+ ※不定期更新。 ※オリジナルのみ執筆。 ※変人の極み。 ※“厨二病”爆発中。 ※発狂は常日頃。 ※時たま深夜テンション。 ※今日も貫くマイペース。 よろしくお願いします_(._.)_
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る