無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

シルク家①
シルク
お前も、大丈夫か?
モトキ
うん
マサイ
んじゃ、俺帰るね
ンダホ
俺も帰るねー
シルク
おう、気おつけろよー
モトキ
またねー
シルク
何があった?
モトキ
急に襲われて逃げてきた
シルク
しばらく、俺の家にいろよ
モトキ
うん、ありがとう
シルク
おう
次の日の朝
シルク
おはよう
モトキ
おはよう
モトキ
朝ごはん作るね
シルク
無理しなくってもいいぞ
モトキ
大丈夫
シルク
分かった。
シルク
なんかあったら呼べよ
シルク
俺編集してるから
モトキ
分かった〜
30分後
モトキ
シールーク
シルク
んー?
モトキ
ご飯出来たよー
シルク
今行くわ
モトキ
いただきます
シルク
いただきます
30分後
モトキ
ごちそうさまでした
シルク
ごちそうさまでした
片付け終わり
シルク
スマブラでも、やるか
モトキ
お、やるやるー
ピーンポーン
シルク
ん?誰だ?
モトキ
俺行ってくる
ガチャ
ダーマ
入る
ザカオ
お邪魔します
シルク
ダーマとザカオじゃん
ダーマ
シルクの胸ぐらを掴む)お前なんでいきなり解散した?
ザカオ
ちょ、ダーマ
モトキ
ちょ、ダーマ
シルク
離せよ
ダーマ
答えろ質問に
シルク
答える理由はない
ダーマ
は?ないのに解散したのかよ
シルク
あぁ、
ダーマ
シルクを殴ると)お前らしくねぇな
シルク
っ!
ダーマ
理由なく解散っておかしいだろ!
ダーマ
なんか隠してるだろ?
シルク
っ…
ザカオ
図星みたいだね
モトキ
二人とも!!
ザカオ
∑(O_O;)ビクッ
ダーマ
∑(O_O;)ビクッ
モトキ
やめてよ!
シルクは、言いたくても言えない理由があるんじゃないの?
ダーマ
ザカオ
ダーマ
ごめん、シルク
殴って
ザカオ
俺もそのー
ごめん
シルク
いいよ、
ダーマ
って、モトキのケガどうした?
ザカオ
確かに!!どうした?
モトキ
えっーと(シルクに目を合わせる
シルク
モトキと目線があう)言いたくなかったら言わなくってもいいんじゃね?