無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

モトキの身に何が?
モトキ
あ、シルクの家から帰ってきて1時間経ったか
モトキ
んじゃ、もう行くか
ガチャ
モトキ
え?
昔のいじめっ子
久しぶりだね。モ・ト・キ・く・ん(ニヤ
モトキ
なんで?お前がいるんだよ?
昔のいじめっ子
(モトキのお腹を殴る)
モトキ
うっ!バタッ
昔のいじめっ子
(モトキを部屋に入れる)
30分後
モトキ
ん?
(椅子に縛られてる)
昔のいじめっ子
やっと、目覚ましたね
モトキ
なんで、お前がいるんだよ!!
昔のいじめっ子
黙れ(殴る)
モトキ
ゲホッゲホッ
昔のいじめっ子
うるさいから、黙ってろ(口をタオルで結ぶ)
モトキ
んーんーんー!!
(何すんだよ!)
昔のいじめっ子
お前さ、シルクから聞いたろ?解散の理由を?
モトキ
昔のいじめっ子
おや?聞いたんだね
昔のいじめっ子
話を聞いたってことは、命が要らないみたいだね
昔のいじめっ子
(殴る)
モトキ
んっ!
(うっ!)
昔のいじめっ子
(近くにあった鈍器で殴る)
モトキ
んっ!フゥーフゥー
(うっ!はぁーはぁー)
昔のいじめっ子
あっ。口解いてあげるね
モトキ
はぁーはぁー
同じことをやられて、1時間が経過
昔のいじめっ子
ちょっと待っててねニヤ
(部屋を出ていく)
モトキ
ん?縄が緩い。今だ、今しか逃げれない!(心の声)
モトキ
(縄解いて逃げる)
モトキ
ハァーハァー(自転車に乗ってシルクの家に向かう)
モトキ
(インターホンを押す)
シルク
はーい
ガチャ
モトキ
バタッ
シルク
え?モト…キ…?
シルク
おい!モトキ!!
マサイ
どうしたー?シルkってモトキ!!
ンダホ
どうしたの二人とも?え?もっきゅん!?
シルク
(モトキを部屋に運ぶ)
マサイ
シルク救急箱どこ?
シルク
あの、棚
マサイ
OK
シルク
ダボ、タオルを濡らしてきて
ンダホ
わ、わかった
20分後
モトキ
(シルクのベットで寝てる)
モトキ
ん?ここはシルクの部屋?
マサイ
ガチャ)モトキ!目覚ましたか!
マサイ
シルク!!ンダホ!!
シルク
どうした!マサイ!
ンダホ
なに?マサイ?
マサイ
モトキが目覚ました
シルク
え?ホントか?(寝室に向かう)
ンダホ
え?(寝室に向かう)
モトキ
うっ。ん?
-------❁ ❁ ❁--------------❁ ❁ ❁-------
モトキ
で今に至る
シルク
クソ、あいつ
マサイ
シルク、今は抑えろ
シルク
あぁ、
ンダホ
何その話?
シルク
お前は知らなくっていい
ンダホ
わかっ…た…
マサイ
モトキ、休んでろ
モトキ
うん…
ガチャ
マサイ
シルク、モトキどうする?
シルク
俺の家にいてもらう。
マサイ
分かった。
ンダホ
何があったの?
シルク
お前には、言えねぇよ
ンダホ
なんで?
シルク
言えねぇーんだよ
ンダホ
なんで、抱え込むんだよ!
Fischer'sは、解散したけど、俺らはずっと一緒だったなのに、なんで抱え込むんだよ!
マサイ
だほ
ンダホ
頼むから、教えてくれよ!!
シルク
でも、言えない
ンダホ
わかった
ンダホ
話せる時が来たら話してくれ
シルク
あぁ、ごめんな