無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

話を聞いた2人
モトキ
あの話を聞いた俺は殺されるってことだよな
シルク
……
マサイ
話し的にはそうなるな
シルク
ごめん……2人を巻き込んで…俺、リーダー失格だな
モトキ
んなことは無い!
マサイ
俺とモトキは解散の理由が知りたいから聞いたんだ!
モトキ
だから、
マサイ
自分を責めるな
シルク
あぁ。
モトキ
で、マサイどうする?これから
マサイ
できるだけ、無駄な外出はやめよ
モトキ
あと、周りを警戒しておいた方がいいかもな
マサイ
だな。
モトキ
ていうことで、シルク泊めてー
シルク
ああ。いいぜ
マサイ
じゃあ、俺もお願いします!
シルク
いいぜ笑
翌朝
モトキ
俺、1回家に帰るわ
マサイ
俺も
シルク
わかった。気おつけろよ
モトキ
分かってる
マサイ
俺すぐ上笑笑
シルク
でも、いつ殺されるわかんねぇからな
マサイ
おう
モトキ
じゃあな
マサイ
また後で
シルク
おう