無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

Episode.4
…ガチャ。(ドアの開く音)
莉犬
…ふぁあ〜。おはよ〜。。。
るぅと
莉犬!遅いです!もうお昼過ぎですよ!?
莉犬
う〜ん…昨日夜更かししちゃって〜…ふぁあぁ〜。。。
莉犬
…ん?誰か来てるの〜?
あなた

お、おじゃましてま〜す。

莉犬
は〜い。…ってえっ。
ねぇ、それ俺のケーキなんだけど…
あなた

…え?

莉犬
え?、じゃないよ。それ、俺のだって。
ななもり
あ〜、莉犬くん!ごめん!
俺がケーキ出したんだよ、莉犬くんのだって知らなくて。
莉犬
…チッ。朝から気分わりぃわ。
よそ者のクセに俺の家でのびのびと "俺の" ケーキ食いやがって。
るぅと
莉犬、何もそこまで言わなくても。ケーキぐらいまた買えばいいじゃないですか。
あなた

あの!すみません…!何も知らなくて

莉犬
はぁ…。もういいよ、部屋戻るわ


スタスタスタ…。
ななもり
あなたちゃん。ごめんね、気分悪くさせたよね、、、
あなた

いえ!私が悪いですし、、、

あなた

ちょっと、このケーキ買いに行ってきます!

るぅと
あぁあ!!あなたさん!
…バタン。(ドアが閉まる音)
るぅと
あのケーキ、限定品だから売ってないかもしれない…
ななもり
そうなの?
                     〜To Be Continued〜