無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

Episode.8
あなた

ん、うぅ〜ん…💤

あなた

ふぁあ〜 、今何時だろ…

さとみ
夜中の2時だよ
あなた

さ、さとみさん!?どうして私の部屋に…

さとみ
どうしてって、俺があなたちゃんをここまで運んできたからね
さとみ
あなたちゃん、急に倒れたかと思ったら寝てるし(笑)
あなた

すみません…(汗)運んでくれてありがとうございます。

さとみ
どこか具合悪かったりしない?寝てる時、魘されてたから。
あなた

はい、大丈夫です。たぶん疲れてただけだと思います

さとみ
なら、俺部屋戻るわ。やる事あるし
あなた

はい、ありがとうございました。

ガチャ。スタスタスタ…
あなた

あれ、スマホがない
リビングに置いてきたかな…

スタスタスタ…
あなた

あ、あった!

〜🎶〜🎵(歌声)
あなた

ん?誰か歌ってる…?

〜🎶〜🎵(歌声)
あなた

バルコニーから聞こえる…

スタスタスタ…
                      〜To Be Continued〜