無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

Episode.9
スタスタスタ…ガラガラ(バルコニーの窓を開ける音)



〜🎶〜🎵(歌声)
あなた

(歌ってるの莉犬さんだ…)

〜🎶〜🎵(歌声)
あなた

お歌、上手なんですね

莉犬
なに、盗み聞き…?
趣味悪いね
あなた

違います!私も知ってるんです、その歌。

あなた

小さい頃、母がよく私に歌ってくれました。私が唯一はっきりと覚えている母との思い出です。

あなた

だからその歌を聞くとつい…ポロポロ(泣)
っはぁ…母に会いたい…(泣)

莉犬
…。。。
あなた

ぐすん(泣)…ごめんなさい
こんな私情莉犬さんには関係ないですよね
邪魔してすみませんでした

スタスタスタ…
莉犬
…待って
莉犬
俺も辛い時や悲しい時、心が落ち着かない時にこの歌を歌うんだ。
莉犬
だからさ、一緒に歌わない…?
あなた

…え?

莉犬
嫌なら別にいい!
あなた

…嫌じゃ、ないです(泣)

莉犬
なんで泣いてんの
あなた

なんか…グスン(泣)うれしくて…(泣)

莉犬
はぁ、仕方ない…ほら
(腕を広げる)
莉犬
仲直りだよ、俺も…悪かったごめん
あなた

いえ、私の方こそごめんなさい…(泣)

ぽんぽん…
莉犬
もう、泣かないよ〜
あなた

ぐすん…

あなた

莉犬さんがほんとは優しいの初めから知ってました(笑)

莉犬
なにそれ(笑)
あなた

あとぉ…

莉犬
ん?
あなた

莉犬さんが意外と身長小さいってことも(小声)

莉犬
おまえ…調子のるなよ?💢
あなた

ふふっ…!(笑)

莉犬
あなたちゃんの笑ってるとこ初めて見た
莉犬
笑ったほうが…か、かわいいじゃん…!(照)
あなた

あ、ありがとうございます…(照)

莉犬
じゃあ、歌う?
あなた

はい!

〜🎶〜🎵(歌声)



〜🎶〜🎵(歌声)






……
さとみ
…ふーん
                        〜To Be Continued〜