第33話

🐈‍⬛🐾
62
2023/11/17 11:55
潤side









あなたの下の名前が倒れた。














今日は、皆で買ってきたプリンを食べていた。






その時、



あなた
、、、っ



雅
あなたの下の名前っ!?



突然、、、





あなたの下の名前が、





苦しそうな表情を浮かべた、、、と思った瞬間、倒れた。
















その様子は、まるでスローモーションのようで。








ああ、本当に遅く見えるんだ、なんて。






混乱して回らない頭で、ぼんやりと考えていた。












その後は、正直よく覚えていない。








バタバタと病室に入ってくる看護師、医者、、、





次々とあなたの下の名前の体に繋がれていく管。










俺らは、





何が起こっているか理解が追いつかないまま、





ただ祈って見守ることしかできなかった。















医者
命に別状はありません。
医者
そろそろ目を覚ますと思います。



潤
そう、ですか、、、



翔
よかっ、た、、、っ



気がつけば、涙が零れていた。



潤
、、、っ、泣



和
ちょっ…。
和
泣かないで、くださいよ、、、っ



皆の顔も涙で濡れていた。







あなた
ん、、、



智
あなたの下の名前、、、?



潤
あなたの下の名前っ!



あなた
あれ、、、?
あなた
私、、、
あなた
どうなったの、、、?



翔
急に倒れたんだよ、、、



和
命に別状は、ないって、、、



あなた
そっか、、、



雅
死んじゃうかと、思った、、、っ



あなた
皆、、、
あなた
ごめんね、、、?



智
生きててくれて、、、
智
よかった、、、











あなた
、、、あ、



潤
、、、?



あなた
プリン、、、



雅
プリ、ン?



あなた
もったいない、、、



翔
ぶっ、笑



和
それ、、、
和
今言います?笑



智
あなたの下の名前らしいね、笑



雅
もぉー、笑
雅
心配したんだからね!



潤
プリンなら買ってくるから、笑
潤
また皆で食べよ?



あなた
今度は抹茶味が食べたいなー。



翔
了解です、笑













 
余命はあと3ヶ月ですね…😢





これから病気の話とか多くなるから苦手な方はUターンで。↩️

プリ小説オーディオドラマ