無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
132
2020/01/12

第5話

入学式
あなたsaid

今から体育館で入学式だそうでーす
あなた

こーゆうのダルい (小声

玲於
玲於
それな、眠い(小声
あなた

ていうか入学式ってこんなうるさいもの?(小声

玲於
玲於
しらね
塩かよ……



マジでこれ入学式ってぐらい騒がしい

先輩たちのあの子可愛いとか、あの子イケそうwみたいな

ちょっと怖いなぁ……





って見てたら、亜嵐先輩と目があった

とりあえず会釈w


そしたら
亜嵐
亜嵐
あなたちゃ〜ん!!
って手振ってきた




嘘でしょ


めっちゃ目立つじゃん


あ、騒がしくてそんな気づいてない!?



ってかどうすれば……


もう一回会釈??








っわ、王子スマイル出たーw



あんな笑顔見せるんだ


そりゃーカッコいい










うん、、カッコいいw








レオsaid







玲於
玲於
おい、あなたー
あなた

………

コイツどこ見てんの?


また白濱ってやつか、




なんだよ






俺はあなたの肩を引き寄せた














あなたside
あなた

っわ、えっ、何!!?

レオに聞くけどなんも言わない




何???



レオside



隣でなんか言ってけど俺は白濱を見る





睨むに近いかw





亜嵐side





あーそういうこと!!w























面白くなってきたじゃん














更新🐢ごめんなさい