無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

🏷 十 六 話 。





〚 桜都side 〛
先生から大事な話…………か。
嫌な予感しかない。
莉愛は慣れた手つきで車椅子を押す。





.
赤 谷 莉 愛 。
桜都くん、大丈夫?
桃 瀬 桜 都 。
おん…
赤 谷 莉 愛 。
どっか痛いの?
桃 瀬 桜 都 。
いや。
桃 瀬 桜 都 。
なぁ、莉愛。
赤 谷 莉 愛 。
ん?
桃 瀬 桜 都 。
俺がもし死んだら新しい相手見つけるんだぞ?
赤 谷 莉 愛 。
……はっ?





自分でも思ってないことを口にしてしまった。





.
赤 谷 莉 愛 。
桜都くん…何言ってるの……?
桃 瀬 桜 都 。
ははっ、なーんてな。w
赤 谷 莉 愛 。
もぅ…笑わせないでよ……w





話していると時間は早く過ぎる。
気がつけばもう、主治医のいる診察室の前だった。





.
赤 谷 莉 愛 。
桜都くん…先生がね、俺も一緒に話聞くか聞かないか決めていいって。
桃 瀬 桜 都 。
…お前も来いよ。
赤 谷 莉 愛 。
んふふっ……わかった。





にこやかに笑う莉愛をみて自分の気持ちを落ち着け、
気を引き締めて診察室に入った。




















ね く す と ↻