無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

🏷 二 十 二 話 。





〚 桜都side 〛
気がつけばゲームを始めて3時間が経っていた。





.
桃 瀬 桜 都 。
んー!
青 橋 恋 々 。
疲れたぁ…
赤 谷 羅 夢 。
そろそろご飯か聞いてくる。
赤 谷 莉 愛 。
(3人とも~!ご飯だよ~!)
青 橋 恋 々 。
聞きに行く必要なさそうだねw
赤 谷 羅 夢 。
おるぁっ、桜都にぃ抱き上げるぞ~!
桃 瀬 桜 都 。
おーおー、ありがとな。
青 橋 恋 々 。
僕は車椅子持っていく~!





リビングに行くと美味しそうな匂いがした。
そして、よく知っている人物が姿を現した。





.
桃 瀬 桜 都 。
……はっ?
桃 瀬 柚 羽 。
あ、おにぃ~!やっほ!👋🏻
桃 瀬 桜 都 。
なんでお前いんの?
赤 谷 莉 愛 。
あ、桜都くん!
桃 瀬 桜 都 。
莉愛!(ギュー
赤 谷 莉 愛 。
ちょっ、ばかぁ!
みんな見てるでしょ!!
赤 谷 羅 夢 。
ふぅーん。
姉ちゃんと桜都にぃそんなに仲良いんだ。
黄 羽 琉 唯 。
お二人さーん。
早くしないと冷めちゃうよ!
赤 谷 莉 愛 。
そうだよ!!
桃 瀬 桜 都 。
何か作ったのか?
赤 谷 莉 愛 。
見てからのお楽しみ!
紫 乃 七 羽 。
はーい。桜都くんは目隠ししまーす!





七羽に後ろから目隠しをされた。
車椅子を押され、徐々に美味しい匂いが近づく。





.
桃 瀬 桜 都 。
めっちゃ美味そうな匂いじゃん。
赤 谷 莉 愛 。
いい!?いい!?取るからね!?
桃 瀬 桜 都 。
わぁーったよw





視界が明るくなり、目を眩ませる。
目の前を見ると美味しそうな料理が並んでいた。





.
赤 谷 莉 愛 。
じゃーん!✨
黄 羽 琉 唯 。
僕たちで作りました!
橙 藤 詩 流 。
ほとんど七羽と俺やけどなw
紫 乃 七 羽 。
途中から柚羽ちゃんも手伝ってくれたんだよ!
桃 瀬 柚 羽 。
七羽ちゃんから呼ばれたの!
桃 瀬 桜 都 。
みんな……ありがと……グスッ
青 橋 恋 々 。
あ!桜都くんが泣いた!w





一時退院初日は一生心に残る思い出となった。




















ね く す と ↻