無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🏷 十 四 話 。





〚 七羽side 〛
琉唯くんからふたりが目を覚ましたと連絡を貰い、
詩流くんと共に向かう。
あの後2人おなじ病室だといけないから
莉愛ちゃんだけ病室を移動した。





.
橙 藤 詩 流 。
先にどっちから行くん?
紫 乃 七 羽 。
桜都くんかな~。
もしかしたら莉愛ちゃんまた移動して桜都くんといるかもだしw
橙 藤 詩 流 。
確かになww





慣れた道を辿っていく。
気がつけば桜都くんが入院して2ヶ月が経つ。





.
紫 乃 七 羽 。
余命まで……あと2ヶ月だね、
橙 藤 詩 流 。
七羽?そんな暗い顔せんといて?
大丈夫。桜都なら大丈夫やから。
紫 乃 七 羽 。
うん…





桜都くんたちの前では笑顔でいないと。
気を引き締め桜都くんの病室に入る。





.
紫 乃 七 羽 。
久しぶり~、って……あれ、?
黄 羽 琉 唯 。
あっ、七羽ちゃん、
青 橋 恋 々 。
あれ、詩流くんもきたの~?
橙 藤 詩 流 。
恋々おったんや。
紫 乃 七 羽 。
んふふっ、2人とも幸せそうだね。w
黄 羽 琉 唯 。
莉愛、目が覚めて桜都くんの病室に行きたいって言い始めたと思ったら死のうとしてたみたいで。w
黄 羽 琉 唯 。
でも桜都くんに説得されてこの様ですw





病室では2人が同じベッドで仲良く寝ていた。
莉愛ちゃんの安心しきった顔、
桜都くんの優しい顔。
こんな幸せそうな2人を眺めている俺達も
なんだか幸せになってきた。




















ね く す と ↻