無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

🏷 二 十 八 話 。





〚 莉愛side 〛
赤 谷 莉 愛 。
んっ………





美味しそうな匂いに連れられ目を開けると、
時刻はもう、19時をまわっていた。
隣にいるはずの桜都くんがいない。





.
赤 谷 莉 愛 。
さとちゃんっ!?!?!?
赤 谷 羅 夢 。
あ、姉ちゃんやっと起きたw
赤 谷 莉 愛 。
羅夢、桜都くんは?
桜都くん、いないんだけど?
赤 谷 羅 夢 。
まぁまぁ、いいからキッチンに行ってみなw





キッチンに行くと、桜都くんが慣れた手つきで
料理していた。





.
桃 瀬 桜 都 。
あぁっ、やっと起きたんか?ww
桃 瀬 桜 都 。
莉愛、ごめんな。
今日迷惑かけただろ?
赤 谷 莉 愛 。
え、あ、おはようございます…(??)
赤 谷 莉 愛 。
全然迷惑じゃないです、あ、はい…
桃 瀬 桜 都 。
どうしたんだよww
赤 谷 羅 夢 。
姉ちゃんらしくないね~ww
赤 谷 莉 愛 。
え、さとちゃん立ってる…?
桃 瀬 桜 都 。
ばーか、立つことぐらいできるわ!w
赤 谷 莉 愛 。
え、でも、車椅子……
桃 瀬 桜 都 。
あれは、あれ。これはこれよ。
桃 瀬 桜 都 。
ほらっ、手伝ってくれねーの?
赤 谷 莉 愛 。
…………グスッ





久しぶりに桜都くんが立っているのを見て、
涙が溢れてきた。





.
桃 瀬 桜 都 。
おわっ、なんで泣いてんだよ、w
赤 谷 莉 愛 。
だって、だってだってぇ……グスッ
赤 谷 莉 愛 。
ねぇ、桜都くんっグスッ
桃 瀬 桜 都 。
ん?なんだ?
赤 谷 莉 愛 。
ギュ~ってして?
桃 瀬 桜 都 。
ん、この身長差が好きなんだろ?w
赤 谷 莉 愛 。
…コクッ





桜都くんにギュ~ってすれば私の顔は
ちょうど桜都くんの胸に埋まる。





.
赤 谷 羅 夢 。
………あの~?w
桃 瀬 桜 都 。
あ、わりぃwww





桜都くんの一時退院二日目。
普段の日常のはずなのに、いつもより濃く感じた。




















ね く す と ↻