無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

🏷 十 三 話 。





〚 莉愛side 〛
桜都くんの病室に着いた。
俺はドアを開け、桜都くんの元に駆け寄った。





.
赤 谷 莉 愛 。
桜都くん……!
赤 谷 莉 愛 。
え……なんで……





桜都くんは自分が思っていたより苦しんでいた。
色々な機械に繋がれた細い管。
その管は桜都くんの至る部分に繋がっていた。
今までしたことのなかった酸素マスクもしている。





.
赤 谷 莉 愛 。
…俺のせいだっ!
赤 谷 莉 愛 。
俺は、桜都くんに尽くせなかった、泣
赤 谷 莉 愛 。
ごめんね、桜都くん…
黄 羽 琉 唯 。
…莉愛?





苦しそうな顔をする桜都くんを見ていると、
涙が出てきた。





.
赤 谷 莉 愛 。
ごめんね…グスッ
赤 谷 莉 愛 。
俺のせいだ……グスッ
赤 谷 莉 愛 。
苦しませてごめんね、
ダメな彼女でごめんね、グスッ





もうダメだ、俺は桜都くんの邪魔なんだ、
そう思っていたら、手が握られる感触がした。





.
赤 谷 莉 愛 。
え……
桃 瀬 桜 都 。
り、あ………
赤 谷 莉 愛 。
桜都くん…!?
桃 瀬 桜 都 。
死ぬなよ……?
赤 谷 莉 愛 。
桜都くん……グスッ





桜都くんには全て見抜かれていた。
俺が、死のうとしていたこと。
力が入らないのか、時々握るのをやめてしまう右手を
俺は強く握りしめた。





.
赤 谷 莉 愛 。
ごめんね、さとちゃん、グスッ
赤 谷 莉 愛 。
死なない、俺死なないから。グスッ
赤 谷 莉 愛 。
だから…だから…グスッ




















.
赤 谷 莉 愛 。
さとちゃんも死なないでね……?グスッ




















ね く す と ↻